アルバートオデッセイ(スーパーファミコン)

【発売日】 1993年3月5日
【発売元】 サンソフト
【価格】  9,600円
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 シミュレーションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”アルバートオデッセイ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

サンソフトから発売されたSRPG。

同社開発ゲームの例にもれず、一風変わったシステムが採用されている。

基本的にはターン制ストラテジーゲームである。プレイヤーは最大4人のキャラを操作し、HEXで区切られたフィールドマップ上で移動や敵との戦闘を繰り返しながら目的地へ進む。

プレイヤーキャラクターは、それぞれ『移動』・『攻撃』・『特殊』を順不同で毎ターン1回ずつ行うことができる。

全員が『行動終了』するかターンエンドを選択すると敵側のターンになる。

SRPGとしては自由度の高いシステム。

本作はシナリオこそ一本道だが、進め方には豊富な選択肢が存在する。

4人のキャラは完全にバラバラに行動することができるため、例えば一人がラストダンジョンにいて他の三人が最初の町にいる状態でターン終了、等も可能。

SRPGにありがちなターン制限やキャラクター使用制限がない。

仲間が増えて選択可能になれば主人公であるアルバートを4人の中から外して控えに入れてしまうことも可能。

また、初期キャラクターの3人以外は仲間にしないで進めることも可能となっている。

小高直樹氏作曲のBGMは耳に残るものが多く、どれも評価が高い。

OPシーンはSFC屈指の出来栄えともいわれる。

総じてみれば「隠れた良作」タイプのゲームであり、実際にプレイヤーからの評価も悪くない。

無論、エンディングを除けば、の話である。

さすがにクソゲー呼ばわりされるところまで評価を落としはしないものの、カタルシスもへったくれもない終わり方をされては名作とも呼び難い。

普通に大団円を迎えてさえいれば、今日もう少し良い評価が与えれていてもおかしくはないゲームといえる。

記事の引用元はここをクリック

アルバートオデッセイ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アルバートオデッセイ(最新無料動画はここをクリック)】