バーコードバトラー戦記 スーパー戦士出撃せよ(スーパーファミコン)

【発売日】 1993年5月14日
【発売元】 エポック社
【価格】 7,680円
【メディア】 4メガビットロムカセット
【ジャンル】 シミュレーションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”バーコードバトラー戦記” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

エポック社から発売されヒットした電子ゲーム『バーコードバトラー2』と連動するソフト。

BB2とSFC本体を専用接続ケーブル「インターフェース」で繋ぎ、BB2で入力したバーコードデータをソフトに転送する。

BB2の対戦をそのままビジュアル化した対戦モードと、シミュレーションであるシナリオモードの2つがプレイできる。

本作を一言で表すと「バーコードバトルをSFCでできる様にする事だけで全てを使い果たしたソフト」となるだろう。

前作『バーコードワールド』同様、シミュレーションRPGとしてはもうガタガタで、プレイヤーの事など眼中に無いかのようだ。

説明書ではバーコードバトラーのイメージキャラ「ハッターマン」が、「この私が操作方法を教えてあげようというのだから、心して聞くように」 と偉そうなことを抜かしている。

まともなゲーム作ってからほざけと言いたくなる事請け合いである。

記事の引用元はここをクリック

バーコードバトラー戦記 スーパー戦士出撃せよ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バーコードバトラー戦記 スーパー戦士出撃せよ(最新無料動画はここをクリック)】