トルネコの大冒険 不思議のダンジョン(スーパーファミコン)

【発売日】 1993年9月19日
【発売元】 チュンソフト
【価格】 9,600円
【メディア】 12メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

【中古】スーパーファミコンソフト トルネコの大冒険 不思議のダンジョン(状態:ROMカセットのみ、ROMカセット状態難)

【中古】スーパーファミコンソフト トルネコの大冒険 不思議のダンジョン(状態:ROMカセットのみ、ROMカセット状態難)
790 円 (税込)
発売日 1993/09/19 メーカー チュンソフト 型番 SHVC-TQ JAN 4932345932028 備考 ※この商品は下記のみの商品構成になります。・ROMカセットその他付属品は一切ございません。※この商品には下記の状態となります。・ROMカセット状態難(傷み・汚れ・ラベル破れ剥がれ・割れ・..

【ソフトのみ】トルネコの大冒険 不思議のダンジョン【中古】[☆2]

【ソフトのみ】トルネコの大冒険 不思議のダンジョン【中古】[☆2]
780 円 (税込)
ソフトのみです。ソフトに若干の汚れ、プラスチックの変色があります。バッテリーバックアップソフトの場合、電池の保証はしておりません。【JAN:4932345932028】【関連キーワード:中古GAME スーパーファミコン RPG 】中古★2【状態:難あり】リバティ鑑定倶楽部王子店 で..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

『不思議のダンジョン』初のシリーズ。

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』のキャラ・トルネコが主人公であり、幻の宝物「幸せの箱」を求めて不思議のダンジョンに挑戦する。

不思議のダンジョンシリーズは、主人公がアイテムを駆使してダンジョンを攻略するという部分に特化した、1人用の俯瞰視点2Dダンジョンゲームである。

本作に登場する敵の特徴は、DQ本編での設定に基づいたものが殆ど。

メインゲームの舞台となるダンジョンの構造や落ちているアイテムは、ダンジョンに入るたびにランダムで変わる。

フロアごとに出現する敵の種類は決まっており(数は決まっていない)、当然下層に行くほど強力な敵が現れる。

通常のダンジョンゲームと異なり、レベル上げよりも強力な武器やアイテムをいかに集めておくかの重要性の方が大きいが、キャラクター自身のレベルを上げてHPや攻撃力をしっかり底上げし、強敵に備えておくことももちろん重要である。

本作は一見すると自分と敵が同時に動いているアクションRPGのようだが、完全なるターン制RPGである。

不思議のダンジョンシリーズは「死んだらおしまい」が基本である。

本作でも1度ダンジョンから出ると冒険の大部分がリセットされ、再挑戦する際は初期状態の「レベル1、所持アイテムは大きなパン(満腹度を100回復)1個のみ」から始めることになる。

不思議のダンジョンのストイックさは、従来のDQシリーズとは一線を画す。

このストイックさを越えてクリアを目指すことこそが本作の魅力。

序盤から曲者の敵が続出。

普段は眠ってるが起こすとラリホーでトルネコを眠らせハメ殺す「まどうし」、ダメージを与えると一定確率で分裂する「スモールグール」、トルネコの力を下げてジリ貧に陥らせる「おばけキノコ」などなど。

これらのいやらしいモンスターの対処法を知ることがクリアするための近道である。

中盤になると「キメラ」「さまようよろい」「ゴーレム」など、特殊能力はないが単純にパラメータが高いモンスターも出てくるので良い武器と盾がないと苦戦は免れない。

後発の作品のような「武具の合成システム」など存在しないため、クリアにはプレイヤーの技量だけでなく有用な武具と強化アイテムを引く「運」も要求される。

本作のキャッチコピー「1000回遊べるRPG」の通り、リプレイ性の魅力がきちんと再現されている。

荒削りではあるものの、馴染み深い『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターを使った世界観はローグライクゲームを一般に浸透させることに成功した。

ハードルの高いジャンルに遊びやすくなる様々な要素を盛り込み普及させた、ある意味ドラクエらしいゲームともいえる。

後のシリーズに比べると、味方も敵もバランスブレイカーが存在しないため、堅実に進めれば攻略は決して難しくはない。

純粋にプレイヤーの腕(と多少の運)が試される、『不思議のダンジョン』シリーズの原点である。

記事の引用元はここをクリック

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【トルネコの大冒険 不思議のダンジョン(最新無料動画はここをクリック)】