ライザンバーII(PCエンジン)

【発売日】 1991年6月7日
【発売元】 データウエスト
【開発元】 データウエスト
【価格】 6,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 シューティングゲーム

【中古】PCエンジンCDソフト ライザンバーII

【中古】PCエンジンCDソフト ライザンバーII
6,160 円 (税込)
評価 3
発売日 1991/06/07 メーカー データウエスト 型番 DWCD1001 JAN 4988708025623 関連商品はこちらから データウエスト 

【中古】PCエンジンスーパーCDソフト ライザンバーIII

【中古】PCエンジンスーパーCDソフト ライザンバーIII
14,800 円 (税込) 送料込
発売日 1992/06/26 メーカー データウエスト 型番 DWCD2002 JAN 4988708028624 関連商品はこちらから データウエスト 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

現在はゲーム事業から手を引いているデータウエスト社のPCE参入第一弾ソフトで、同社がFM TOWNSでリリースした横スクロールシューティングゲーム『ライザンバー』の続編となる作品。

「逆転確率7800万分の1」という冗談のようなキャッチフレーズを持つが、実際にプレイしてみると嘘でも何でもないゲームバランスである事を痛感させられる。

描き込まれたグラフィックと疾走感。

グラフィックはしっかり描き込まれていて美しく、さらに多重スクロールやスクロールスピードの速さで疾走感を演出している場面が多い。

PCEのゲームは同期のハードの中でもシューティング率が高い事で知られるが、その中でも本作の難易度は頂点クラスに鬼畜である。

どのくらいかというと、初見でステージ1をゲームオーバーにならずにクリアできたら誇っても良いと言えるほど。

難度の方向性は主に「高速で突っ込んでくる敵及び敵弾」で、画面上の敵や敵弾の数はさほど多いわけでもない。

本作には「敵や弾の前兆を示す予備動作」はほとんどなく、初見殺しが非常に多い。

敵が動き始めるよりも早く回避行動を取らなければならないため、アドリブでの攻略はまず無理と言える。

よって、パターンを頭に叩き込んで攻略する必要がある。

ゲームそのものはきちんと作られた印象はあるものの、いかんせん難しすぎてクリアできたプレイヤーはほとんどいなかった。

鬼畜難度嗜好のシューターにとってはむしろ神ゲーに匹敵する出来ではあったが、流石にデータウエストもやりすぎたと思ったのか、その反動で続編『ライザンバーIII』は難易度がこれまた極端に落とされた。

難易度の面では落ち着いたと言えるが、本作のような鬼畜難度による続編を期待したプレイヤーにはやはり物足りなかったようである。

記事の引用元はここをクリック

ライザンバーII(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ライザンバーII(最新無料動画はここをクリック)】