ストライダー飛竜(PCエンジン)

【発売日】 1994年9月22日
【発売元】 NECアベニュー
【開発元】 ダイスクリエイティブ
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ストライダー飛竜 PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

西暦2048年を舞台に、忍者を母体とする傭兵集団「ストライダーズ」に所属する、最年少にして特A級のストライダー「飛竜」が、全世界を支配する冥王「グランドマスター」抹殺任務を遂行するという近未来SF調の世界観のアクションゲーム。

カプコンと本宮プロ(本宮ひろ志プロダクション)との共同企画で制作された。

全5ステージの1周エンド。

主人公にしてプレイヤーキャラである飛竜は忍装束風のデザインだが、現代風らしくスタイリッシュで古臭さがない。

システム・ステージ共に飛竜が格好良く画面上を動くように計算された設計がなされており、操作感、演出、共に爽快感がある。

爽快感のあるアクション、BGMやデモ等の良演出もあり、近未来的デザインの忍者アクションゲームとして良く出来た一作。

キャラの魅力は後のコラボ作品時にも人気が出ることとなった。

「忍者を母体とする傭兵集団」という設定が、PCエンジン版のみ「世界平和維持のために活動する組織」に変わっている。

ビジュアル、BGM、移植度など総合的にみると残念移植だが、オリジナルステージの収録や撃破音を入れたりなど評価できる部分もある。

他作で瞬殺されてきた中ボスやボスに前口上を述べる時間が与えられ、存在感が大幅に増している。

残念な点は多いものの、これまで創造を喚起する形でしか示されてこなかったドラマ要素がはっきりとした形で映像表現できている点は大きい。

記事の引用元はここをクリック

ストライダー飛竜(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ストライダー飛竜(最新無料動画はここをクリック)】