ジュノファースト(MSX)

【発売日】 1984年
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”中古 MSX ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1983年7月に当時のコナミがアーケード版をリリースした固定画面シューティングゲームである。

MSXにも移植されている。

ゲームシステムとしては『スペースインベーダー』や『ギャラガ』などの延長線上の作品だが、縦横に進める点などで『ディフェンダー』の系譜上にもある。

日本国内ではMSXのみに移植され、1984年にソニーから発売された。

タイトル画面では「JUNO FIRST」は通常のキャラクタ文字で小さく表示されるのみで、ソニーのMSXブランドである「HiTBiT」のロゴのほうが大々的に表示されていた(初期のソニー製ソフトに共通)。

面上の全ての敵を倒すことを目的とする点ではそれまでのシューティングと同じだが、本作では敵は画面内にとどまっていることはなく、代わりにプレイヤー機体は前後左右に動くことができるようになっている。

自機を後ろから見下ろすような、傾斜のある視点でゲームは進行する。

操作は4方向レバーと2ボタンで、ボタンはそれぞれショットとワープに使用する。

ワープは緊急回避用で、使うと少しの間自機が画面上から消える。

ワープは1つの面につき3回まで使用可能となっている。

プレイヤーは面により最初のパターンが異なる編隊攻撃を仕掛けてくる敵を倒していく。

また球状の敵を倒すと捕虜が現れ、これを助け出すと画面背景が赤くなる。

画面が赤い間は敵は攻撃してこなくなり、さらに敵をこの間に倒すと、倒した際の得点が200点ずつ上がっていく。

倒して得られる得点は面により異なる。

記事の引用元はここをクリック

ジュノファースト(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ジュノファースト(最新無料動画はここをクリック)】