死霊戦線(MSX)

【発売日】 1987年12月
【発売元】 クロスメディアソフト
【開発元】 ファン・ファクトリー
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”死霊戦線” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1987年にビクター音楽産業から発売されたロールプレイングゲームである。

ストーリーは現代劇でホラー色が強い。

主人公ライラを操り、クリーチャーと戦いながら町を襲った謎を解いていくロールプレイングゲーム。

移動時はトップビュー。

戦闘ではサイドビューに切り替わり、敵と撃ち合うアクションゲームになる。

MSX2版とPCエンジン版は残弾数と複数敵との同時戦闘の概念があり、PC88版はPS処理分の残弾数はあるが実質的に弾数無制限で敵とは1対1の戦闘となっている。

基本的にダンジョン内に分散配置された宝箱の中から弾薬やアイテムを入手していくが、PCエンジン版は配置数が極端に抑えられ、代わりに戦闘時に敵が弾薬や回復アイテムをドロップするものに変更された。

PS処理とはS-SWATが使う超能力で、通常武器では効果が薄い死霊たちに対し、銃弾に念を込めることで唯一対抗できる有効な攻撃手段となる。

S-SWAT隊員は全員がこの能力を持っている。

戦闘中に処理を行うことはできず、あらかじめ処理を行った銃弾を用意しておく必要がある。

PS処理には精神力を要し、精神力残量と防御力は共有するシステムになっている。

PS処理しておけば攻撃面で有利になる反面、防御面では不利になる仕組みになっている。

記事の引用元はここをクリック

死霊戦線(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【死霊戦線(最新無料動画はここをクリック)】