達人王(FM TOWNS)

【発売日】 1993年
【発売元】 ビング
【開発元】 東亜プラン
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”達人王 ソフト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年に東亜プランが開発しタイトーより販売された縦スクロールシューティング『TATSUJIN』の続編。

キャッチコピーは『達人を超えて王となれ!!』である。

そのキャッチコピーが示す通り、難易度が極めて高い。

ゲームだというのに、遊びでできるようなものでは決してない。

前作『TATSUJIN』はそれなりの難易度でパターンさえ覚えればなんとかなったのに対し、本作は最も難易度の高い縦スクロールSTGの一つに数えられるほど難しい。

STG界隈では、「死ぬがよい」というキャッチコピーが有名だが、仮にその手のキャッチコピーをつけるなら「さっさと死ね」といったキャッチコピーが妥当な所と思われる。

敵キャラの種類・デザインが個性的・豊富で飽きない。

やりこみにより、攻略パターンを見出すことに奥深い面白さを備えているのは確か。

しかし、余りに高すぎる難易度により、ゲーム本来の面白さをプレイヤーが見出すのを阻害してしまった一作。

本作は、平成元年に稼動した『グラディウスIII -伝説から神話へ-』全編や『R-TYPE II』の2周目の高難易度と合わせてユーザーの離脱を招き、2Dシューティングゲーム衰退の原因、ひいては東亜プラン衰退と倒産の原因を作った作品とされる。

当初、本作はそれ程難易度が高くなかった。

しかし、ロケテストでこの作品をプレイしたプレイヤー達が「こんな簡単なゲームじゃTATSUJINの続編として認めない」という趣旨の台詞を述べたのを受け、開発者が難易度を大幅に上げたという…。

家庭用機には移植されておらず、FM-TOWNSに移植されているのみ。

移植度は、画面比の違いやゲーム開始時やステージ間で読込みが入ってしまう点を除けば非常に良好。

記事の引用元はここをクリック

達人王(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【達人王(最新無料動画はここをクリック)】