ディフェンダー(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1980年
【発売元】 タイトー
【開発元】 ウィリアムズエレクトロニクス
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”タイトー アーケード” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

世界初のスクロールシューティングゲーム。

2方向レバー5ボタン式。

レバーは上下移動に対応。

上部にボタンがあり、方向転換を行なう。

レバー上部以外のボタンはワープ・加速・ショット・スマートボム。

タイトーが輸入代理店として日本でも販売していた。

ステージ中に存在する敵を全て全滅させるとクリアになる。

ステージは左右にスクロールするが、端でループしている。

敵は時折地上の人間をさらっていく。さらわれた人間が画面上部に到達すると敵が強化し速度を上げて襲ってくる。

人間を助けるためには、さらわれている最中に敵を撃破しなければならない。

撃破した後、落下する人間をショットで撃ってしまうと死んでしまう。

また一定以上の高さから落下しても死んでしまうため空中でキャッチして陸上に送り届け無ければならない。

ステージ上の人間が全員死亡するとペナルティステージに飛ばされてしまい、強化された敵が全方位から襲い掛かってくる。

ワープボタンを押す事で、ステージのどこかに一瞬でワープする。

使用に制限は無いが、ワープ後は一定時間動く事ができず、何処にワープするかはわからないので、敵の近くにワープするとやられてしまう。

画面全体攻撃のスマートボム。

現在のシューティングゲームにあるボムと同類。

敵と敵弾を同時に消滅させる。

加速ボタンを押す事で前進する。

前進する方向はレバー上部の方向転換ボタンを押す事で切り替えられるが、後退はできない。

加速速度は非常に早く、繊細な位置調整は難しい。

ショットは連射性能に優れ、レーザーのように一直線に発射される。

画面上部に自機の現在位置・敵が表示される地図があり、高速スクロールでも見失わないよう工夫されている。

スクロール速度が非常に早く、黒を基調としながらも赤や青のラインで描かれた敵・自機は時代考慮するとなかなかに出来が良い。

更に、自機から放たれる直線的なレーザーはとても美しい。

ワープとボムによる緊急回避能力、人間を守りながら戦う、地図で現在位置を把握しながらの攻略は、高いゲーム性を生み出している。

なんと言ってもその独特の操作方法。

レバーはフライトシミュレーションとほぼ同形状の物を採用しており、横移動できる方がおかしいのだが。

人によっては新鮮で斬新だが、やはり思い通りに動かない事にストレスを感じる人は少なくない。

後に多くのシューティングゲームに影響を与えたシューティングゲーム界の重鎮。

その独特な操作性は人を選ぶ物の、爽快感・ゲーム性も相まって他では味わえない中毒性を秘めている。

左右への任意スクロールやミスしたときの自機の爆発はファンタジーゾーンでもオマージュされ、山なりな地形や鋭角な自機や一直線に伸びるショットはグラディウスに面影を見ることが出来る。

中にはバルトロンのようにワープ・スマートボム・左右任意スクロールを取り入れたものもある。

残念ながら、オリジナル筐体の現存数の少なさから来るハードルの高さで、その利点も霞み「操作性が悪い」ゲームに落ち着いてしまっている。

後に移植されたバージョンでは移動を8方向レバーに変更、加速ボタンを廃し現在のシューティングに非常に近い感覚で遊べるように改変されたものもある。

古いゲームなのでプレイ方法が希薄で、現存数も少ない。

ゲームセンターあらしの「天国を救え!の巻」にてディフェンダーが登場している。

この回はなんと、初っ端からあらし達は死んでしまう。

よってこんなタイトルである。

ドラキュラハンター程ではないが、あらしで戦ったゲームで、「ゲームセンターで見かけないゲーム」として遊びたい子供達を彷徨わせた罪深いゲームでもある。

ドラキュラハンターとミサイルコマンドと合わせて「見つけにくいあらしのゲーム」と言われた。

記事の引用元はここをクリック

ディフェンダー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ディフェンダー(最新無料動画はここをクリック)】