スカイデストロイヤー(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1985年5月
【発売元】 タイトー
【開発元】 ホームデータ
【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”スカイデストロイヤー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

タイトーが1985年に発売したアーケードゲーム。

後方視点からの擬似3Dスクロール型シューティングゲームである。

プレイヤーは零式戦闘機を操って敵の戦闘機部隊の攻撃をかいくぐり、敵要塞を爆撃することを最終目標とする。

零式戦闘機には機銃と魚雷が装備されており、それらを使って敵を倒す。

弾数は無制限。

アーケード版はグランドライン(水平線)に関し、後年に稼働されたセガの『アフターバーナー』(1987年)と同じく、レバーを倒した方向とは逆に傾斜する視点感覚も得られる。

1ステージは「日中→夕方→夜→日中」とシーンが変わり、夜明け後しばらくして出現する敵の要塞を破壊できればステージクリアである。

クリア後はボーナスステージに入り、すべて撃墜するとボーナス点が加点される。

記事の引用元はここをクリック

スカイデストロイヤー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スカイデストロイヤー(最新無料動画はここをクリック)】