決死の探検サバイバル ゆけゆけ! 山口君(アーケードゲーム◆タイトー)

【稼働開始日】 1985年
【発売元】 タイトー
【開発元】 金子製作所
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

ARCADE 1UP パックマン タイトー [ARPC100 アーケード1UP パックマン]

ARCADE 1UP パックマン タイトー [ARPC100 アーケード1UP パックマン]
44,800 円 (税込) 送料込
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□2018年12月 発売Joshin web試用レポートあり!※本製品は家庭用です。業務用にはご使用いただけません。※こちらの商品は、組み立てが必要なキット商品となります。組み立て方法は公式ホームページをご確認ください。※本製..

Arcade1Up タイトー スペースインベーダー TAITO SPACE INVADERS (日本仕様電源版)

Arcade1Up タイトー スペースインベーダー TAITO SPACE INVADERS (日本仕様電源版)
44,799 円 (税込)
評価 5
ポイント10%還元&送料無料!(※沖縄離島除く) 【TV番組で人気沸騰!】お家にゲーセンがやってくる! 子供の頃に見た夢が今叶います! ポップでグラフィカルなアップライト筐体を約3/4サイズでコンパクトに再現。ACアダプター(日本仕様)1つで動作する省電力仕様でお部屋..

タイトー TAITO ARCADE1UP スペースインベーダー[ARCADE1UPSPACEINVADE]

タイトー TAITO ARCADE1UP スペースインベーダー[ARCADE1UPSPACEINVADE]
44,800 円 (税込) 送料込
自宅がゲーセンに!ポップでグラフィカルな憧れの名機が3/4スケールで復刻!ゲームセンターのゲーム機と同じ感覚でゲームをお楽しみいただけます。組み立てもドライバー一本で簡単組み立てキット方式!ゲームとしてもお部屋のインテリアとしても最適です!世界的ブームを巻..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1985年にタイトー発売、金子製作所(後のカネコ)開発にてリリースされた縦スクロールアクション。

当時放送されていたTV番組「水曜スペシャル 川口浩探検シリーズ」を大きく意識したような内容が特徴。

紛らわしいが、川口浩探検シリーズとは一切関係ないオリジナルタイトルである。

ちなみにリリース時のゲームタイトルは「~ゆけゆけ! 川口君」だったが、無認可作品なので肖像権等の問題からタイトルを変更せざるをえなくなったという逸話がある。

山口君を操作し、やらせ臭い原住民や野生動物などの攻撃や、不自然なまでに大量に配置された障害物を躱しながらゴール地点を目指すのが目的。

ひたすらに前方に進めばゴールにたどり着く。

なお、このゲームにはボスに該当する敵は一切存在せず、敵を無視してゴールする事も一応可能。

コントローラーはレバー+2ボタン。

ボタンはマイク攻撃とジャンプに使用する。

マイク攻撃は上下左右斜め八方向に投げられ、原住民などの敵を倒せる。

ジャンプは障害物や落とし穴などを避けるのに使う。

共に使用制限は一切ない。

ときおり登場するタバコやチョコレートやウイスキーを取るとスコアが入手できる。

また、稀に飛行機が放置されており、それに乗り込むと飛行が可能(但し即効で墜落するのでほとんど役立たず)。

ステージ内容は砂漠地帯、森林地帯、洞窟地帯、と三種類のサバイバルなステージ構造なのだが、ゴール地点は何故かレストランで、一部のゴール地点では監督らしき人が山口君を迎えてくれるという演出がある。

すなわち、このゲームはサバイバルを組み立てた番組撮影が舞台という設定らしい。

ゲーム自体はクセの少ないアクションで安定した作りであるため、意外と普通に遊べる。

前半ステージ位なら初見でもクリア可能。

もうやばい位に川口浩探検シリーズをパロディ化した一作で、番組を知っている人なら公認ゲームと信じてしまいそうな危ない(?)作品である。

山口君が何かのアクションを行う度にシュールなボイスが聞ける。

ジャンプすると「よいしょ」、敵に触れると「死んだ死んだ死んだ」、穴に落ちると「助けて助けて助けて」など。

ゲーム中の妙にゆるい雰囲気も相まって、ボイスの脱力感が半端ないのだ。

当時のタイトー製のゲームの中でもマイナーかつ怪しすぎる外見のゲームで、知る人ぞ知るゲームである。

しかし、よくこんなヤバい企画が通ったと思ってしまう。

ゲーム性だけを見るならば至って普通のアクションゲームであるため、パロディがなければ凡百の他のゲームとともに歴史の彼方に忘れ去られていただろう。

記事の引用元はここをクリック

決死の探検サバイバル ゆけゆけ! 山口君(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【決死の探検サバイバル ゆけゆけ! 山口君(最新無料動画はここをクリック)】