『加古』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.053 加古(かこ) 古鷹型 2番艦 重巡洋艦 声優:大坪由佳
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
36 30 / 49 25 / 34 12 / 49 33 / 59 16 / 49 6
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
0 高速 10 / 39 10 / 49 35 50
図鑑説明
古鷹型重巡洋艦の2番艦、加古だよぉ。
第一次ソロモン海戦で大活躍したんだからね!
あ、帰り道?ホント、行きはよいよい、帰りは怖い~ってね!

[csshop service=”rakuten” keyword=”加古 艦隊これくしょん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

基本の特徴は同型の古鷹を参照。

いわゆる低燃費組の部類であり、そのせいか能力は抑え目である。

2013/10/16のアップデート以前は何故か古鷹よりも火力が低い(改造+改修上限49)謎の数値だったが、同アップデートにより火力が上昇、古鷹と同等の火力になった。

さらに2014/1/15のアップデートで火力の上限値がもう一段向上した。

2015/6/12のアップデートで待望の改二が実装された。

改造レベルは65。

他の重巡洋艦と比べて能力は低めであるが、比較対象に正規空母や駆逐艦を出さざるを得ないという事態からは脱却できた。

任務 「三川艦隊」を編成せよ!,「三川艦隊」出撃せよ!,新「三川艦隊」を編成せよ!,新「三川艦隊」出撃せよ!,「第六戦隊」を編成せよ!,「第六戦隊」出撃せよ!で必須である。

クエストをクリアしたいなら、2-3ボスに対抗できる程度の育成は必要だ。

さらに2014年12月1日のアップデートで、新任務第六戦隊 南西海域へ出撃せよ!も追加された。

こちらは出撃先が沖ノ島沖(紛らわしいが2-4ではなく2-5である)で、それなりの練度が必要。

任務三川艦隊 を新編、突入準備せよ!,新編 三川艦隊 ソロモン方面へも追加されている。

加古は1-3ボスを皮切りに、主に1-4および2-1,2-2,2-4全般でドロップする。

2-3は現在までの報告によれば、ボスのみでのドロップ。

その他3-1および4-x全般でドロップする。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

神戸川崎造船所にて1922年(大正11年)11月17日に起工。

「古鷹型2番艦」と言うことになっているが、実は古鷹より約1か月早かった。

竣工直前にクレーンで船体を損傷してしまい、古鷹より4か月遅れて1926年(大正15年)7月20日の竣工となった。

よく寝るキャラなのはそのためかと思われる。

名前の由来は兵庫県南西部を流れる加古川であり、重巡の命名規則の山ではない。

書類上軽巡(重巡軽巡は条約上の分類であり、日本海軍での類別は二等巡洋艦)だった最上や利根らと違い、書類上は重巡で名前が川由来なのは彼女のみである。

いいか君たち?

古鷹型じゃなくて加古型だそ?

一時期クマーや木曾でおなじみのソロバン玉型雨水除去装置を煙突に設置していた。

戦術的には日本軍のほぼパーフェクトゲームと言われる第一次ソロモン海戦の帰り道、米潜水艦S-44(SS-155)に撃沈された。

自己紹介で帰りは恐いとか、轟沈時の台詞はこれが由来。

サービス開始当初は駆逐艦並の能力値と散々な状態だったが、現在では見直されており凡そ史実に則った性能となっている。

初期の能力値は、重巡同士での比較は妥当な差であったが、軽巡や駆逐との比較はあまりにも理不尽なものであった。

砲門数や砲弾の威力等を鑑みても軽巡や駆逐とは段違いなのだが、その辺りの事情は上手く反映されなかったようである。

古鷹型は、砲門数が他重巡の6割程と少なく(加古・衣笠型は6門 妙高型以降(除利根型)は10門)、この事が初期の能力差に繋がっていると思われる。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

加古 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【加古 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】