『茨木華扇』(東方Project)の動画を楽しもう!

概要 (説明はピクシブ百科事典より)

妖怪の山に『茨華仙の屋敷』を構え、そこで暮らしている仙人。

仙人といっても本人曰く、まだ修行中の身らしい。

以前からときどき人里などに顔を出しており、隠者ながらその存在は意外と知られている。

ただし説教臭いという点以外、あまり記憶されていないようだ。

また妖怪の山に居を構えているという関係上、守矢神社の面々とも面識がある。

包帯に包まれた右腕は失くしたために実体がなく、煙のようなものが詰まっている。

失くした腕については探しているようで、マジックハンドを手に入れた霊夢の前に現れた。

その一件で霊夢たちに興味をもち、博麗神社にも頻繁に訪れるようになった。

『東方茨歌仙』は一迅社発行のアニメ雑誌『キャラ☆メルFebri』にて連載中(公式サイト)。

また、『東方三月精』(第三部)にも登場した他、『東方求聞口授』掲載の『文々。新聞』(第九十五季 卯月の三刷)にも登場している。

「文々春新報」の取材にも霊夢関連での幻想郷の識者にして外来人と接触のある人物としての取材にも応えている(『東方文果真報』)。

黄昏フロンティアとの共同制作となる『東方深秘録』ではプレイアブルキャラとして登場した。

オカルトボールの危険性に気付き、二ッ岩マミゾウと連携して本作の異変の首謀者に対抗するなど、『深秘録』におけるメインキャラの一人である。

また、異変解決の過程で幻想郷を創設した『賢者』の真名を知っていることが明らかになったりと、新たな謎が提示されている。

本作では『茨歌仙』では語られていなかった華扇のスペルカード戦のスタイルがついに描かれ、『茨歌仙』作中などで頻繁に交流がある霊夢や魔理沙らとも弾幕を交わしている。

その決闘を通しては元々その力に信を置いていた霊夢の他、魔理沙や妹紅の強さを認めている。

他者から三人称以外に名前を含めて呼びかけられる際は「 華仙 」(霊夢からの呼びかけ。『東方三月精』)や「 茨華仙 」(霊夢や魔理沙からの呼びかけ。『茨歌仙』)など、仙人としての号を通して語られることが多い。「 カセンちゃん 」との呼ばれ方もあるが、これは幻想郷における「仙人」に関連した一般文化から見ると相当に珍しいケース(森近霖之助評、『東方香霖堂』)。

記事の引用元はここをクリック

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【エントリーでポイント最大19倍!(5月16日01:59まで!)】【中古】クリアファイル 茨木華扇 A4クリアファイル 「コミックス 東方茨歌..

【エントリーでポイント最大19倍!(5月16日01:59まで!)】【中古】クリアファイル 茨木華扇 A4クリアファイル 「コミックス 東方茨歌..
750 円 (税込)
発売日 - メーカー とらのあな 型番 - パック 1 備考 商品解説■コミックス「東方茨歌仙 〜Wild and Horned Hermit〜 第3巻」とらのあな購入特典のクリアファイルです。コミックス及びその他特典等は付属しませんので、予めご了承ください。【商品詳細】サイズ:A4対応仕様:..

【いそため】レーザカットキーホルダー 茨木華扇(ライトゴールド)

【いそため】レーザカットキーホルダー 茨木華扇(ライトゴールド)
2,012 円 (税込)
年齢制限一般種別キーホルダージャンル東方Projectその他直径約50mm、1.6mm厚、スチール製

東方Project ふもふも アクリルキーホルダー 22 茨木華扇[Gift]【送料無料】《発売済・在庫品》

東方Project ふもふも アクリルキーホルダー 22 茨木華扇[Gift]【送料無料】《発売済・在庫品》
748 円 (税込) 送料込
※画像は実際の商品とは異なる場合があります。販売数量制限お一人様 3 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)備考※他の商品と同梱発送になる場合は別途送料が発生いたします。※代引手数料等、一部の決済手数料はご負担いただきます。発売日17年08月下..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
【種族】
仙人
【二つ名】
片腕有角の仙人(茨)、脅威!願いを訊く仙人、思欲せよ!願いを叶える仙人(深)、
神仙思想で動物好きな仙人(憑)
【能力】
不明
【テーマ曲】
華狭間のバトルフィールド

容姿 (説明はピクシブ百科事典より)

頭にシニヨンキャップ(お団子)を被っているのと、右腕全体を包帯でグルグル巻きにしているのが特徴。

左手首には、鬼である萃香や勇儀と同じく鎖のついた鉄製の腕輪をつけている。

胸元に花の飾りがあり、服の前掛けの部分には茨の模様が描かれている。

身長は早苗、霊夢、魔理沙の三人よりも高いとされている。

上記の服装以外に、冬服も描かれている。

一時的に博麗神社の巫女を代行したこともあり、その際には霊夢の巫女装束に袖を通したこともある。

性格 (説明はピクシブ百科事典より)

感情豊かな生真面目者。

今の幻想郷の在り方について本気で心配したり憂いたりする数少ない良心。

有毒ガスや怨霊が湧き出す博麗神社の間欠泉を独断で封鎖したり、クールを装いつつ霊夢たちに説教したりしている。

目的のためなら手段を選ばない節もあり、死神に注意されたにも関わらず間欠泉から溢れだした怨霊を理(輪廻転生)に反して消滅させるなどの暴挙に及んだことも。

陰ながら幻想郷のために行動しているのだが、幻想郷の住人の振る舞いは彼女の予想の斜め上をいくことが多く、その行動の多くは空回りになってしまっている。

驚いたりするとすぐにボロが出てしまい、表情豊かで浮き沈みが激しい。

ボケかツッコミかと言われればツッコミ役。

東方シリーズでは珍しく、明確に人間の味方という立ち位置にあり、霊夢が逆らえない人物の一人(普段から積極的に修行をしない霊夢も、華扇に「堕落している」と説教されて修行に臨んでいる)。

ちなみに真面目キャラの宿命か、いじられキャラ。

本編でも(主に作者から)弄られまくりである。

ただし一人一人の他者に対する気配りや行動力ももち、人の縁も頼りにしながら誰かのために動くこともあるなど、随所で他者のために活動する様子は確かで、華扇自身も頼りにされることがある。

時には博麗神社の巫女を代行したこともある(参考:巫女華扇)。

一方で時には穏やかな語り口ながら言葉で相手を諭すように言いくるめる手腕も披露したり心の内には言葉には表れない別の意図をにおわせていたりと、経験の深さや機知に加え他者に明かさない密かな行動理念や目的などの存在も窺わせる。

能力 (説明はピクシブ百科事典より)

コミックス第7巻現在不明。

ただし、公式サイト(外部リンク)のキャラクター紹介の欄に「動物を導く能力を持つ」との記述がある。

作中でも、霊夢の前に現れた理由として「鳥に聞いた」という経緯を語っていたり、地獄の怨霊を握りつぶしたり、霊夢の記憶を操作したと思わしき描写があったり(第九話)と常人離れした行動が見られる。

これが仙人としての能力なのか、それとも彼女固有の何かなのかも未だ判然としていない。

他キャラクターに見られるような「~程度の能力」などの形で象徴的に語られてもいない。

華扇本人は自身について「 私の役目(ちから)は山の動物たちを正しい方向に導く事 」と述べており、実際に複数のエピソードで動物たちの保護や支援、指導等を行っている。

その際には動物と対話しており、時には動物の思い出話を聴いたりもしている。

動物の声を聴いてその動物を管理してた他者に待遇改善を進言する事もある。

華扇の他には古明地さとりが動物の心を読み、より良い対応をすることを行っており、「動物の味方」という点も相まってさとりの動物との接し方とも通じるものを持つ。

動物を導く華扇の話は迷いの竹林の因幡てゐの耳にも届いている(『茨歌仙』)。

『深秘録』では『茨歌仙』でも登場した華扇の縁の動物たちと共に決闘に臨み、その能力を最大に活用している。

本人も体術を披露するが、その際には右腕の包帯も多様に変化させつつ使用しており、この右腕の包帯が『茨歌仙』や『三月精』で描かれたような日常の延長場面や密かな行動での応用だけでなく弾幕ごっこなどのアクティブな場面でも活用する様がみられている。

なお華扇が人前で隠すことなく右腕の能力を披露するのは『深秘録』が初で、それ以前は右腕の件については語らなかったり誤魔化したりと、秘密にしている様子が描かれていた。

霊夢だけはその右腕の異質さに直接触れた(腕を掴んだことで異様な手ごたえを体感した)ことがあるものの、魔理沙などが華扇の右腕の実態をはっきりと目の当たりにしたのは本作が初である。

[touhou-4]

華扇の信念 (説明はピクシブ百科事典より)

華扇個人の信念については、華扇が自ら語ったところによれば、自身は「 天道 」を往くものである、とのこと。

これは紫との対話(『茨歌仙』)の中で発せられたもので、自身が往く道が紫が往く道と異なることを指して言ったものである。

「 私は貴方側の人ではない 」(華扇、紫に対して。『茨歌仙』。以前の紫による華扇に対する「 こちら側の人 」という評も受けた返答)

その際のシーンには華扇の背後にイメージ的に霊夢や魔理沙、菫子の他、東方Project作中で描かれている一般の人間たちと思われる姿が描かれており、妖怪と人間が危ういバランスで共にある今日の幻想郷において華扇の「 天道 」は人間たちの立場に立った仙人としてのものと見ることも出来る。

華扇は紫の姿勢についてはより妖怪を重視する姿勢であることをホフゴブリン(座敷わらし)の一件を通して直に触れている。

ただし紫の想像するものによればその歩みはまだ危うく繊細なものである様子で、華扇が紫と接触する姿を霊夢に認められないよう速やかに姿を隠すなどの姿も描かれている。

一方で華扇は「 妖怪のため 」と口にして行動することもあり、化け狐などの件では妖怪にも情を寄せる視点が人間の味方たる仙人らしからぬと指摘されたこともある。

紫からも、華扇からの拒絶の後もなお引き続き自らと共に歩むことを選ぶのを待つと返されるなど、華扇の信じるところやアイデンティティを寄せている部分は華扇というキャラクター性の実態も含めてより謎めいたものともなっている。

ファンの間でも多様な議論がある。

別の場面では笑顔で物騒なことを言いプレッシャーをかける様子から冗談めかすように「 まるで死神みたいだな 」とも言われている(霖之助評、『茨歌仙』)など、その表情は多彩。

華扇の他に同様に「 天道 」をその道とする人物としては、華扇と同じく仙人としての側面も持つ豊聡耳神子がある(スペルカード<「我こそが天道なり」>。『弾幕アマノジャク』)。

神子は復活以後自らのタオの追及の他に人間の味方としての動き(例えば「 みこえもん 」)もある。

加えて華扇は神子も一目置くような「 動物たちの味方 」でもあるなど、華扇の信念としての「 天道 」は広く他者に眼差しを向けるものでもある様子である。

他方、その行動には華扇個人の目的や動機もある様子で、例えば『深秘録』では結界を越えた際に向こう側で「 探し物 」を探すなどもしている。

茨木華扇 東方Project(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【茨木華扇(最新無料動画はここをクリック)】