ドンキーコングJR.(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1983年7月15日

【発売元】 任天堂

【価格】 3,800円

【メディア】 192KbitROMカートリッジ

【ジャンル】 アクションゲーム

【プロデューサー】 横井軍平

【ディレクター】 宮本茂

【音楽】 兼岡行男

【美術】 宮本茂、坂本賀勇

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドンキーコングJR” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

私はプレイをしたことがあるのですが・・・・

あまり印象に残っていないというのが正直な感想かな~

このゲームはマリオが敵になっちゃうというのが目玉なんですよね?

それが嫌だったのかな♪

ドンキーコングの息子が主人公になり、マリオに幽閉された親ドンキーを救出するという内容ですからね~

ジュニアの手を伸ばしたジャンプ姿が強く印象に残っているというのが感想かな♪

概要 (説明はWikipediaより)

前年に登場した『ドンキーコング』の続編。

今回はドンキーコングの息子「ジュニア」が主人公になり、マリオに幽閉された親ドンキーを救出するのが目的である。

今では任天堂最大のヒーローとして活躍するマリオが、なんと悪役を担当しているという信じられないキャスティングとなっている。

なお、本作は「マリオ」という名前が付けられた初めての作品でもある(その後のファミコン版初代などでは最初から反映されている)。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

登場キャラクター

ドンキーコングJr.

ドンキーコング

マリオ

スナップジョー

ニットピッカー

スパーク

ゲーム内容 (説明はWikipediaより)

4面を1周として構成されており、4面をクリアすると難易度が上がった1面からまた始まるループ制。

ジャンプがメインの前作と異なり、ツルを上り下りするアクションが特徴的。

ツルを上るときは2本のツルを両手でつかむことで速く上昇し、下りるときは1本のツルにしがみつくことで一気に下降することができる。

ジュニアの唯一の武器となるステージの各所に配置されている果物を、上手く使って攻略していく。

4面は鍵を押し上げてパパコングの閉じ込められた檻を開けるステージになっている。

ドンキーコングの基板及びプログラムを元に作られているためか、前作と同様にレベル22はボーナスポイントが400(4カウント分)減っただけでミスとなる。

記事の引用元はここをクリック

[game-3]

ドンキーコングJR.(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドンキーコングJR.(最新無料動画はここをクリック)】