ポパイ(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1983年7月15日

【発売元】 任天堂

【価格】 3,800円

【メディア】 192KbitROMカートリッジ

【ジャンル】 アクションゲーム

【デザイナー】 竹田玄洋、宮本茂

[csshop service=”rakuten” keyword=”ポパイ ゲーム” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

このゲームもプレイしたことがあります。

ゲームの音楽も特徴的でしたね♪

あの当時としては大変だったでしょうね~

アニメでポパイも観ていましたから、ほうれん草を食べて強くなるときの音楽は印象に残っていますね~

ゲームの内容自体は単純ですがね♪

オリーブが投げる物を必死にゲットしていました。

概要 (説明はWikipediaより)

ほうれん草を食べると超人的パワーを出す主人公ポパイで有名な同名のアメリカンカートゥーンアニメのゲーム化作品。

セーラー服男ポパイとその恋人オリーブ、ポパイのライバルで恋敵の大男ブルートを取り巻く三角模様を軸にしたアニメ作品で、本作はその構図を生かして制作されたシンプルなアクションゲームである。

起動すると、いの一番にアニメで流れたポパイのテーマ曲が流れる。

慣れないキャラゲーとはいえ任天堂らしい秀逸な作りとなっている。

一発逆転アイテムのほうれん草や2面の赤ん坊スウィーピー、現れては消えるいじわる魔女シーハッグなど、原作(アニメ)を彷彿とさせるゲーム設定に原作愛を感じられる。

オリーブの投擲物を拾う際にブルートがちょこまか歩き回って一筋縄ではクリアに至らないが、このもどかしさが逆にゲーム性を高めている。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

登場キャラクター

ポパイ

オリーブ

ブルート

スウィーピー

シーハッグ

ゲーム内容 (説明はWikipediaより)

全1画面、4段構成のステージでポパイを操り、ポパイの宿敵ブルートの攻撃をかわしながら、恋人オリーブの投げるハートや音符、アルファベットを全て取ればクリアとなる。

画面の上の方で取るほど高得点。

1段目だと500点、2段目以降は300点、100点、50点の順。

階段等を降りている最中は前にいた段の得点。

ハート等を1つでも取り逃す(画面下の水面に落ちて一定時間経つと沈む)か敵に触れたりビン・骸骨が当たるとポパイを1人失う。

人数が無くなればゲームオーバー。

なお、面のクリア条件は、1面はハート24個、2面は音符16個、3面は「H」「E」「L」「P」のアルファベット4個を計6セット(24個)と、それぞれの面で1つも漏らさず取る事である。

なお、取る事さえできれば良く、取る順番は問わない。

ポパイはAボタンでパンチを使えるがブルートに直接攻撃はできず、通常状態では触れるとミスとなる。

ブルートは段の上下を移動し、ビンを投げつけてきたり、上段へ殴り付けたり、下段に腕を伸ばしたり飛び降りてきたりしてポパイの邪魔をする(ビンはパンチで壊せる。1個100点)。

ブルート以外にも、ハゲタカのバーナード(3面のみ登場、叩くと1000点)、髑髏(パンチで壊せる。1個100点)を投げてくるいじわる魔女シーハッグが敵として登場。

1面目の最上段の中央には桶とパンチングボール(1回叩くと30点)がある。

パンチングボールはタイミングよくパンチすると桶にぶつかり、桶が下に落ちてきてブルートの頭にはまって邪魔をする事ができる。

これも被せた時の段によって点数が異なり、下の方で被せるほど高得点。

ステージは全3面で1面はドック、2面は街、3面は船上。

ステージによって仕掛けが異なり、1面は桶を使ってブルートを攻撃できる。

2面はジャンプ台がありジャンプ台の上に浮かぶ赤ん坊(スィーピー)にタッチすると500点。

3面はスライドする台がある。

3面をクリアすると難易度が上がった1面に戻るループ制。

アーケード版では2週目以降は3面まで行かず2面で次ループに移行するバグが存在する。

原作同様、各ステージに出てくるほうれん草を食べれば音楽が変わり、ポパイが赤(アーケード版。コレコビジョン版は緑)くなってパワーアップし無敵となり、ブルートを体当たりで倒せる様になる(3000点)他、投げられたハート等も停止し取りやすくなる。

さらには、無敵状態の最中は得点が2倍になる。

難易度が高くなるにつれて無敵時間は短くなり、オリーブの投げるパーツとブルートの動きも早くなり、ビンや骸骨を投げてくる率が多くなる。

記事の引用元はここをクリック

[game-3]

ポパイ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ポパイ(最新無料動画はここをクリック)】