五目ならべ 連珠(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1983年8月27日

【発売元】 任天堂

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 テーブルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”五目ならべ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

このゲームはプレイしたことがありませんでしたね~

まあ、五目並べは知っていましたよ♪

小学校の頃、方眼紙に書いて遊んでいました!

内容は同じなんでしょう。

五つ並べれば勝ちというゲームです。

もちろん、頭を使ったゲームなんですよ~

どうしても、子供の頃には興味が出るのは難しいゲームですよね?

概要 (説明はWikipediaより)

任天堂より1983年8月27日に発売されたファミリーコンピュータ用ソフト。

ゲーム内容は1981年に日本物産が発売したアーケードゲーム『五目並べ 連珠』とほぼ同一である。

パッケージ等では「五目ならべ」が太いゴシック体で、「連珠」のみ明朝体の細字で別枠に囲われた『五目ならべ連珠』の表記が使われている。

タイトル画面でも単に『五目ならべ』であるなど五目ならべである旨が分かりやすくアピールされているものの、本質的に連珠である。また日本でのみ発売された。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

ゲームモード

一人で対戦(初級、中級、上級)

二人で対戦

[game-3]

ゲーム内容 (説明はWikipediaより)

碁盤の交点に黒白交互に石を置き、先に1列5個を並べたほうが1勝。

これを1局とし、黒(先手)・白(後手)を交代しながら6局を対戦して勝敗の数を競う。

局の最初に珠型がランダムで決まる。

つまり最初の黒→白→黒の3手は自動で置かれるため、最初に自由に石を打てるという意味では白(後手)が実質的な先攻になる。

ルールは連珠に準拠であるため黒(先手)には様々な制約(禁手)がある一方で、白(後手)は三三すら禁手にはならない。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

五目ならべ 連珠(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【五目ならべ 連珠(最新無料動画はここをクリック)】