ベースボール(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1983年12月7日

【発売元】 任天堂

【価格】 4,500円

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 スポーツゲーム

【プロデューサー】 上村雅之

【ディレクター】 三木研次

【音楽】 兼岡行男

【美術】 杉山直

[csshop service=”rakuten” keyword=”ベースボール ファミリーコンピュータ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

もちろん、私はプレイしたことがあります。

私がやった初めての野球ゲームですからね~

まあ 私が初めてやったというか、このゲームが今後の野球ゲーム基礎になったようなものなんです!

だから、今のゲームと比較すれ問題点もいっぱいでしたね♪

選手の能力データがみんな一緒なんです。

投手のスタミナも無限だし・・・

守備でも色々と問題があったでしょ?

でも、当時の私は楽しく遊んでホームランを連発していましたよ♪

概要 (説明はWikipediaより)

1983年12月7日に任天堂から発売された、ファミリーコンピュータ(ファミコン)用ゲームソフトである。

タイトル通り、野球をプレイし勝敗を競うという内容。

ファミコン初の野球ゲームで、十字キーの各方向と4つの塁を対応させた操作系統など、その後に登場したプロ野球ファミリースタジアムなどの各種野球ゲームの基礎となった部分を数多く確立している。

1人用はコンピュータとの対戦、2人用はプレイヤー同士の対戦となっている。

スポーツゲームの売り上げとしては『Wii Sports』(2006年)、『ゴルフ』(1984年)に次ぐ第3位である。

C・D・G・S・T・Wの6チームから選択する。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

登場チーム

C:広島東洋カープ

D:中日ドラゴンズ

G:読売ジャイアンツ

S:ヤクルトスワローズ

T:阪神タイガース

W:横浜大洋ホエールズ

[game-3]

プレイ内容 (説明はWikipediaより)

基本的に野球のルールと同じ。

投手は変化球や緩急を使い分けることができ、牽制球を投げることもできる。

選手個々人の設定が存在しないため、スタメンを選んだり選手交代を行うことはできず、打者や投手の利き腕はプレイごとにランダムに設定される。

投手はいくら投げてもスタミナが衰えることはない。

走者はいつでも進塁を試みることができる。

打者が打った際、守備側は捕球動作を操作することができず、捕球は自動的に行われる。

ただし捕球後はプレイヤーが指定した塁に向かって送球させることができる。

守備はお粗末なもので、簡単なゴロを野手が避けて外野に抜けるようなこともしばしばあり(特にアーケード版で守備力を弱く設定されている場合に顕著)、プレイヤーにストレスを感じさせることもあった。

またランナーが無死または一死一・三塁の局面で一塁走者が盗塁を仕掛けた場合、二塁に送球すると必ず本盗(重盗)が成功するため、二塁への盗塁を阻止できないという問題もあった。

9回まで行って決着がつかなかった場合、延長戦などは行わず引き分けとして試合終了となる。

また、一定以上の点差が開くとコールドゲームが成立するが、二死からスリーバント失敗してチェンジとなった場合、その裏の回にピッチャーが初球を投げた瞬間コールドゲームとなるバグが存在した。

本体付属のコントローラーと拡張端子につないだコントローラーの十字キーを上下逆に入力しながら投球する(アーケード版では、片面にある2本のレバーを上下逆に入力しながら投球する)と、球速が0km/h~1km/hと表示されるほどの極めて遅い球を投げることができる。

接続する機器にハイパーショットを使うとボタンを押すだけでこの球を投げられる。

これを十字キーで変化させると、三塁方向のファウルラインから一塁方向のファウルラインをまたいで最終的にベースを通過する異様な変化球にする事もできる。

どうぶつの森シリーズに収録されているものは、1つのコントローラーのスティックと十字キーを使い、より簡単にこの球を投げることができる。

このゲームは投球中でもポーズがかかるため2人用での対戦時にはコントローラーII側のバッティングのタイミングをずらす為にポーズボタンを悪用するケースがあった。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

ベースボール(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ベースボール(最新無料動画はここをクリック)】