ダックハント(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1984年4月21日

【発売元】 任天堂

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 光線銃シリーズ

[csshop service=”rakuten” keyword=”ダックハント ファミリーコンピュータ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

このゲームもプレイしたことがあります。

鴨を撃つモードとクレー射撃のモードがあるんです。

クレー射撃は、難しかった記憶があるな~

そして、鴨を撃つモードでは、犬に笑われて悔しかった記憶が残ってます♪

あなたも、そうじゃないですか?

概要 (説明はWikipediaより)

玩具『ダックハント』をファミコン上で再現したもの。

もう一人がカモをコントローラーで操作したり、カモ撃ちの他にクレー射撃を行うこともできる。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

ゲーム内容 (説明はWikipediaより)

GAME Aはカモが1匹、GAME Bはカモが2匹現れる。

弾は3発あり、3発以内にカモを仕留める必要がある。

カモを仕留めると、猟犬がカモを拾い上げて得点となる。

弾をすべて撃ち損なうか時間が経つとカモが逃げて行き、犬に笑われてしまう。

ラウンド内に規定数のカモを仕留めればラウンドクリアとなる。

次のラウンドではカモの動きが速くなり、また仕留める規定数も上がる。

GAME Cはクレー射撃である。

記事の引用元はここをクリック

[game-3]

ファミリーコンピュータ用光線銃シリーズ (説明はWikipediaより)

1984年にファミコン上でガンシューティングゲームを再現するための光線銃型コントローラ「ガン」及び専用ゲームソフトが光線銃シリーズの名で発売された。

トリガーを引くとゲーム画面がターゲットの位置のみ白く表示される識別用の画面に切り替わり、銃口のセンサーがこれを感知して命中判定を行う。

この識別用画面の表示は一瞬のため、人間の目には画面がちらつく程度にしか認識されない。

液晶テレビやワイド画面では作動せず、ブラウン管テレビでしか作動しない。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

ダックハント(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ダックハント(最新無料動画はここをクリック)】