ワイルドガンマン(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1984年2月2日

【発売元】 任天堂

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 光線銃シリーズ

[csshop service=”rakuten” keyword=”ワイルドガンマン ファミリーコンピュータ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

もちろん、プレイしたことがあります。

当時としては斬新でしたからね~

銃を持ってプレイするなんて、カッコイイって思ってました♪

ホルスターも付いていましたが、ゲームをやるときは使っていなかったです。

最初から、銃をテレビに向けていました。

みなさんもそうですよね?

概要 (説明はWikipediaより)

業務用『ワイルドガンマン』をファミコン上で再現したもの。

光線銃本体と同時に発売され、同梱のセットにはクイックドロー(腰に装着したホルスターから銃を素早く引き抜いて構えること)のための専用ホルスターが付属していた。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

ゲーム内容 (説明はWikipediaより)

GAME Aは一人の敵と対戦する。

FIREという敵の掛け声と共に銃を発射する。

撃たれた敵は倒れるが、時には帽子が飛んでハゲ頭が見えたりパンツがずり落ちるなどのコミカルな所作も見せ、殺伐とした雰囲気にならないような演出となっている。

撃つタイミングが遅れて敵に撃たれたり、FIREの前に撃ってしまうとミスとなる。

ゲーム説明書ではホルスターから銃を引き抜くように推奨していた。

GAME Bは左右に2人の敵が出て来て、別々のタイミングでFIREが発せられる。

GAME Cは酒場のいくつかの窓に次々と現れる敵を撃つ。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』でも使用された。

記事の引用元はここをクリック

[game-3]

ファミリーコンピュータ用光線銃シリーズ (説明はWikipediaより)

1984年にファミコン上でガンシューティングゲームを再現するための光線銃型コントローラ「ガン」及び専用ゲームソフトが光線銃シリーズの名で発売された。

トリガーを引くとゲーム画面がターゲットの位置のみ白く表示される識別用の画面に切り替わり、銃口のセンサーがこれを感知して命中判定を行う。

この識別用画面の表示は一瞬のため、人間の目には画面がちらつく程度にしか認識されない。

液晶テレビやワイド画面では作動せず、ブラウン管テレビでしか作動しない。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

ワイルドガンマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ワイルドガンマン(最新無料動画はここをクリック)】