ドンキーコング3(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1984年7月4日

【発売元】 任天堂

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 シューティングゲーム

【プロデューサー】 横井軍平

【ディレクター】 宮本茂

【音楽】 田中宏和

【美術】 宮本茂

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドンキーコング3 ファミリーコンピュータ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

私は、このゲームをプレイしたことがあるのですが・・・

あまり、記憶に残っていませんね~

ジャンプして殺虫剤を使っていたことや、ドンキーが頭に蜂の巣をかぶっちゃうというのは憶えていましたね♪

なぜ 印象が薄かったのかな?

きっと、アクションゲームの印象が強いのでシューティングゲームになったのが原因じゃないかな~

あなたはどうですか?

概要 (説明はWikipediaより)

『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』に次ぐ、ドンキーコングシリーズ三作目。

過去ニ作とは打って変わり、ゲーム&ウオッチの『グリーンハウス』をベースとした固定画面型シューティングゲームとなっている。

『1』ではプレイヤーキャラ、『JR.』では敵役だったマリオは一切登場せず、プレイヤーは「スタンリー」という本作オリジナル主人公を操る。

前作では囚われ役だったドンキーはお供(?)の虫軍団を引き連れてボスに返り咲いている。

フラワーパークを襲ってきたドンキーコングや昆虫たちを撃退するため、スタンリーがスプレー片手に立ち向かう、というバックストーリー。

ちなみに、スタンリーの姿は赤いツナギと青いシャツはマリオそっくりだが、帽子と髭がない。

マリオが登場しないのは、「第一作で悪戯をしたドンキーが前作で売却された」という設定のため。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

キャラクター

スタンリー

ドンキーコング

子蜂バズビー

親蜂ベスピー

おじゃま虫クリーピー

アタッカー

[game-3]

ゲーム内容 (説明はWikipediaより)

スタンリーを操作し、植物園に出現したドンキーや花を奪おうとする虫たちを殺虫剤を使って撃退するシューティングゲーム。

子蜂が下に到達すると花を抜き取り持ち去ろうとする。

殺虫剤を当ててその虫を倒すと花は戻ってくるが、巣まで持ち去られてしまうと花は戻ってこない。

花を奪った小蜂はパワーアップして襲ってくる。

ステージクリア時に5つの花を温存できるとパーフェクトボーナス5000点(1個でも、完全に花が咲いていないものがあると3000点)がもらえる。

最初は苗で、ステージクリアするごとにつぼみ→花と成長する(ファミコン版は第1面から花が咲いている)。

持ち去られた場合は次のステージで苗が補充される。

ドンキーを上まで押し上げるか、所定の数の虫(幼虫除く)をすべて退治すればステージクリアとなる。

スタンリー1人につき、1個だけ強力殺虫剤「パワースプレー」が用意されている。

ドンキーがぶら下がっているロープに付いており、ある程度ドンキーを押し上げてドンキーの手がパワースプレーに触れると最下段に落ちてくる。

これは射程距離が長く威力も高いため、低い位置からドンキーを退散させることも可能である。

このパワースプレーをいつ取るかは自由で、取らずにステージクリアをしても、ミスするまではずっと地面に置かれ続けている。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

ドンキーコング3(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドンキーコング3(最新無料動画はここをクリック)】