ロードランナー(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1984年7月31日

【発売元】 ハドソン

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 アクションパズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ロードランナー ファミリーコンピュータ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

もちろん、このゲームもプレイしたことはありますよ~

最初の音楽は耳に残っているから♪

「ててって ててって ててって~」

頭を使うゲームだけど、何故かプレイ経験があるんです!

単純に、敵を埋めるっていうのが面白かったのかもね♪

自分自身が埋まっちゃうことも多々ありましたが・・・

概要 (説明はWikipediaより)

ダグラス・E・スミスにより考案され、ブローダーバンドから1983年に発売されたアクションパズルゲーム。

『バンゲリングベイ』『チョップリフター』とともに、バンゲリング帝国三部作の一つである。

ゲームの目的はステージ内にある金塊を敵に捕まらずに回収し脱出すること。

主人公(プレイヤーキャラクター)は穴を掘るためのレーザーガンを装備しており、床に穴をあけて下の階層に移動したり、掘った穴に敵を落としたりして障害をクリアしていく。

アクションゲームにして、パズル性も兼ね備えている。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

ファミリーコンピュータ版の特徴 (説明はWikipediaより)

日本では、ハドソンがファミリーコンピュータ用に移植したものが特に知名度が高い。

ファミコン初のサードパーティー製ソフトとして語られる事も多いが、実際には『ナッツ&ミルク』の方が3日早く発売されている。

またファミコン初のスクロール画面(横)を備えたゲームでもある。

オリジナルのApple版ではキャラクターが半角1カーソル分と非常に小さく、1画面にマップを全て表示できていたためスクロールの必要はなかったが、ファミコン版では低年齢層への配慮もありキャラクターサイズを大きくしたため1画面に表示し切れず、Apple版とは異なる画面構成(横28×縦13サイズ)になったうえ、左右スクロールが採用されることとなった。

1画面に表示しきれないことでパズル性を損ねる懸念もあり、ブローダーバンド社からはNGが出たが、当時の工藤取締役と高橋名人(当時はまだ宣伝部に移って名人としての活動を始める前で、営業部員の頃である)が説得にあたり、発売にこぎつけたという。
アクションゲームにして、パズル性も兼ね備えている。

記事の引用元はここをクリック

[game-3]

システム (説明はWikipediaより)

ステージは足場となるブロックと梯子、綱渡り用のロープだけで構成される。

ブロックには穴が掘れるものと、掘れないもの、それと落とし穴(トラップ:一見ただのブロックだが、すでに穴が開いており通ると落ちてしまう)がある。

ステージ数は全部で150。

移動は上下左右のみ。ジャンプ等はできない。

綱渡り用のロープはどこでも手を放せ、下に降りられる。

上記のステージ上に金塊と番兵が配置される。

それぞれの数はステージによる。

金塊を全て回収すると、脱出用の梯子が出現するので、それを上ればステージクリア。

しかし番兵に接触するとミスになり、ステージの最初からやり直しになってしまう。

自キャラを追ってくる番兵からいかに逃げるかがポイント。

番兵は自キャラを最短距離で目指して来るわけではなく、周囲の状況により追ってくる。

そのため誘導の仕方もいくつかのパターンが存在するステージもある。

どう誘導するかがプレイのコツの一つ。

また番兵は金塊の上を通過すると拾っていく。

手放させるには、後述する穴に落とす必要がある。

ただし保持するのは1このみで、持っている状態なら金塊を拾わない。

自キャラは左右の足元のブロックに、1ブロック分の穴を掘る事ができる。

しかし、真下にはできない。

番兵がこの穴に落ち込むと、番兵は穴にハマりしばらく身動きがとれなくなる。

穴にはまった番兵の頭上は安全に通過できる。

また、番兵が持っていた金塊は頭上に出現するので、それを回収できる。

掘った穴は時間と共に元に戻る。

戻る際に、はまっていた番兵や自キャラは潰されてしまう。

自キャラの場合はミスになる。

番兵の場合は新たに一名追加され、減ることはない。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

ロードランナー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ロードランナー(最新無料動画はここをクリック)】