エクセリオン(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1985年2月11日

【発売元】 ジャレコ

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”エクセリオン ファミリーコンピュータ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

このゲームもプレイしたことがあります。

このゲームの印象は決まっています!

イライラするってことです♪

とにかく、キャラの操作が独特ですから・・・

右に移動していて、左に方向を変えようとしたら、すぐには方向転換出来ないんです!

微妙に移動するんですね~

正しく、ヌルヌル動くって感じなんです!

この操作性に悩まされた人は多いですよね?

まあ、この操作性が癖になるのかもしれませんがね♪

概要 (説明はWikipediaより)

ジャレコが1983年2月にアーケードゲームとして発売したシューティングゲーム。

後にSG-1000シリーズやMSX、ファミリーコンピュータ(FC)などに移植された。

慣性のついた独特の動きは、回避や攻撃に際してプレイヤーの先読みを要求するため、万人に支持されるものではなかったが、類似ゲームとの差別化には成功したと言える。

アーケード版が縦画面だったのに対し、FC版は横画面のため、敵との距離が近くなり、そのプレイ感覚はかなり異なる。

携帯電話用としてiアプリ版が発売された他、プレイステーションで発売された『ジャレココレクションVol.1』(2003年)にFC版が収録され、さらにゲームボーイアドバンスで発売された『じゃじゃ丸Jr.伝承記~ジャレコレもあり候~』(2004年)にも収録された。

続編として『エクセリオンII ゾルニ』(1985年)、『エクセライザー』(1987年)がある。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

システム (説明はWikipediaより)

使用コントローラーはレバー+2ボタン。

レバーで自機の8方向移動、ボタンは各自、デュアルショット、シングルショットに使用。

「デュアルショット」。機体両側から発射される通常弾、使用無制限だが1画面に1発しか撃てず連射は効かない、本作のメインショットといえる存在。

「シングルショット」。機首から発射される高速弾、弾数制限があるがショットボタン押しっぱなしで連射可能。攻撃範囲はデュアルに劣るが、連射力を活かし敵を一掃するのに向いている特殊ショットである。

シングルショットはゲームスタート時に50発チャージされており、撃つたびにこの数値が消費され、なくなるとシングルショットは撃てなくなる。

消費したチャージは、ステージ中の敵をデュアルショットで倒す(シングルショットで倒しても使用分と増加分で相殺される)か、ボーナスステージの敵を40機以上倒すことで補充され、自機がミスしてもチャージ数はリセットされない。

自機が敵や敵弾に触れるとミス、持ち機が全部なくなるとゲームオーバー。

コンティニュー機能は無い。

また、自機が全滅するまでのエンドレスプレイとなっており、エンディング等は存在しない。

自機には慣性が働くという大きな特徴があり、操作中にレバーをニュートラル状態にしても自機は慣性が無くなるまで、ある程度の距離を動く。

同様にレバー入力中に方向転換を試みても、それが反映されるまでには若干のタイムラグを要し、プレイヤーはこの非常にクセのある慣性を踏まえながら自機移動を行う必要がある。

自機を画面最下部に移動させ、慣性の影響が小さい左右移動のみで捌く戦法もある。

明確な区切りは表示されないが、ステージ制となっている。

出現する敵グループを全滅させれば、次の敵が出現する。

また、これを繰り返し30面をクリアするとボーナスステージに入る。

ボーナスステージは他社作品である『ギャラガ』のそれと同じ流れになっており、敵が隊列をなして出現、撃墜数に応じてボーナススコアとチャージが得られる。

なおボーナスステージではシングルショットが無制限に放て、敵に触れてもミスにはならない。

記事の引用元はここをクリック

[game-3]

総評 (説明はWikipediaより)

「自機の慣性」という新要素を取り込み、特定のファンを生み出した意欲作。

既存のシステムを生かしつつ、要所要所に独自の要素を付与することで、他所のアーケードゲームとは一線を画すゲームになった。

家庭用移植にも比較的恵まれており、そこから入り込んだプレイヤーも多いはず。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

エクセリオン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エクセリオン(最新無料動画はここをクリック)】