バンゲリングベイ(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1985年2月22日

【発売元】 ハドソン

【価格】 4,900円

【ジャンル】 シューティングゲーム

【メインプログラム】 菊田昌昭

【サブプログラム】 野沢勝広

【グラフィック】 山本次行

[csshop service=”rakuten” keyword=”バンゲリングベイ ファミリーコンピュータ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

メリカ合衆国のブローダーバンドが制作したシューティングゲーム。

『ロードランナー』『チョップリフター』とともに「バンゲリング帝国三部作」の一つである。

自機の操作が左右で旋回、上下でスピード調整というラジコン的な方法であったことから、慣れない人にとって非常に難しい操作性であった上、発射する弾は一発ずつで、航空機との格闘戦時に「見越し射撃」が必須で、敵機撃墜の難易度は高い。

発売当時、当たり前のように「ボーナスステージ」や「ボスキャラ」「隠れキャラ」構成が主流になっていたファミコン市場において、攻略順序が任意な上に展開がシュールな本作は、操作性もさることながら、地味な割に高度な攻撃戦略を求められるという言わばマニア向けのゲームシステムであった。

記事の引用元はここをクリック

バンゲリングベイ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バンゲリングベイ(最新無料動画はここをクリック)】