エレベーターアクション(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1985年6月28日

【発売元】 タイトー

【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”エレベーターアクション ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

タイトーから発売されたアーケードゲーム。

プレイヤーはスパイに扮し、敵地に潜入して機密文書を奪取し、脱出することが目的である。

屋上から潜入し、赤いドアの部屋に入って機密文書を入手、全ての赤いドアに入って最下階(B1F)まで行けばクリアとなる。

ファミリーコンピュータ版では、アーケード版と比べて敵の攻撃が激しくなるまでの時間が極端に短くなっており(3分程度)、すべての書類を回収しながら下に降りて行くと、無駄な動作を一切しなくても、地上10階あたりで必ずその時間に達してしまう。

このため、アーケード版とは異なる攻略法が要求される。

また、その際におけるBGMの変化もなく、ミスした場合は元の状態に戻る点がアーケード版と異なっている。

主人公(スパイ)はスーツ姿になっており、敵(警備員)は黒いスーツと帽子姿となっている。

記事の引用元はここをクリック

エレベーターアクション(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【エレベーターアクション(最新無料動画はここをクリック)】