バーガータイム(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1985年11月27日

【発売元】 ナムコ

【メディア】 320キロビットロムカセット

【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”バーガータイム ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1982年にデータイーストから発売されたアーケードゲーム。

1985年11月27日、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から発売された。

コックの姿をした主人公、ピーターペッパーをレバー操作で移動し、巨大なハンバーガーの具材の上を歩きに重みをかけて落下させる、固定画面のアクションゲームである。

具材(パンズ)をすべて落としてバーガーを全て完成させれば1面クリア。

フィールド内には、ピクルス、目玉焼き、ウインナーが敵キャラクターとして徘徊しており、触れるとミスになる。

ただし、クリアが確定するとミスを無効化できる。

対抗手段としてはコショウをまぶしてやり過ごすか、落下するバーガーの具に巻き込んで押し潰す。

具材を落とす際には、下の材料も連鎖的に落下する。

また敵が乗っていた場合は、その重量分も落下のエネルギーに利用できる。

要するに具材の落とし方ひとつでゲームに戦略性を生み出している。

記事の引用元はここをクリック

バーガータイム(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【バーガータイム(最新無料動画はここをクリック)】