高機動戦闘メカ ヴォルガードII(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1985年12月7日

【発売元】 デービーソフト

【メディア】 512キロビットロムカセット

【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ヴォルガードII” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1985年12月7日にデービーソフトより発売されたファミリーコンピュータ用の横スクロールシューティングゲーム。

1984年にFM-7対応ソフトとしてリリースされ、後にPC-8800シリーズ等各社のパソコン用に移植されたゲーム『VOLGUARD』(ヴォルガード)の続編として位置づけられている。

世界観に直接的な繋がりはないが、プレイヤー機が変形合体ロボットであり、エネルギー残量が直接プレイに影響するなど、基本システムを継承している。

プレイヤーは変形合体ロボット「ヴォルガードII」を駆り、巨大コンピュータ「ズイガム・ボルド」を破壊するのが目的。

全25エリアで、以降は無限ループである。

25エリア終了後はエリア1からのスタートではなく、エリア12からのスタートである。

独特のパワーアップシステムを有しており、単純に敵機を撃墜するだけではなく、エネルギー残量や低ダメージ状態を維持できるような戦略が要求される。

タイトル画面で難易度をLEVEL1から4まで選択可能。

記事の引用元はここをクリック

高機動戦闘メカ ヴォルガードII(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【高機動戦闘メカ ヴォルガードII(最新無料動画はここをクリック)】