マイティボンジャック(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1986年4月24日

【発売元】 テクモ

【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

【音楽】 増子司、蓮谷通治

[csshop service=”rakuten” keyword=”マイティボンジャック ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年4月24日にテクモ(現・コーエーテクモゲームス)が発売した同社のファミコン参入第1弾ソフトであるアクションアドベンチャーゲーム。

1984年に業務用で稼動した『ボンジャック』(当時の社名はテーカン)の続編。

主人公ジャックを操作し、アイテムやジャンプを駆使してクリアを目指す。

各通路面の最後には「王家の間」があり、その王家の間へ入ると固定画面になる。

エンディングは途中のプレイ内容により変化する。

プレイヤーの腕前を数値で評価するゲーム偏差値がある。

ピラミッドは全256画面で構成されており、それらを繋げるとピラミッドのような構成となる。

各ラウンドは基本的に一本道であるが、いくつかのラウンドでは上でジャンプすると消える床・隠しドアがあったり、途中で分岐があったり、先のラウンド(あるいは前のラウンド)にワープする通路が用意されている。

閉じているドアはスフィンクスで出現・開放させることができるが、中にはスフィンクスが無く特殊な条件下で出現・開放するドアもある。

拷問部屋送りにされるドアもある。

記事の引用元はここをクリック

マイティボンジャック(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マイティボンジャック(最新無料動画はここをクリック)】