さんまの名探偵(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1987年4月2日

【発売元】 ナムコ

【価格】 4,900円

【メディア】 1.5メガビットロムカセット

【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

【シナリオ】 兵藤岳史

【プログラマー】 普川隆志

【音楽】 慶野由利子、小沢純子

【美術】 SKELETON HIE SAN、瀧上園枝

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【エントリーでポイント10倍!(3月28日01:59まで!)】【中古】ファミコンソフト さんまの名探偵 (箱説あり)

【エントリーでポイント10倍!(3月28日01:59まで!)】【中古】ファミコンソフト さんまの名探偵 (箱説あり)
1,040 円 (税込)
発売日 1987/04/02 メーカー ナムコ 型番 - JAN 4907892000254 関連商品はこちらから さんまの名探偵  ナムコ 

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ナムコ さんまの名探偵アドベンチャーゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト ナムコ さんまの名探偵アドベンチャーゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..
904 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!                    ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 さんまの名探偵 商品概要 - ジャンル アドベンチャー 対応機種 ファミリーコンピュータ 商品状態 中古..

【中古】攻略本 FC さんまの名探偵 捜査必勝本【中古】afb

【中古】攻略本 FC さんまの名探偵 捜査必勝本【中古】afb
1,380 円 (税込)
発売日 1987/05/17 メーカー JICC出版局 型番 - 関連商品はこちらから さんまの名探偵  JICC出版局 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1987年4月2日にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。

「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第24弾。

タイトルにもなっている明石家さんまの他、吉本興業の実在の芸人をゲーム中に数多く登場させたコマンド選択式アドベンチャーゲーム。

プレイヤーはさんまの助手となって、聞き込みや捜査を行いながら犯人を追う。

メインキャラクター(さんま)が探偵でプレイヤーが助手というのは『ポートピア連続殺人事件』(1983年)、『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』(1984年)などの一般的なミステリゲームとは逆の構図である。

通常のエンディングの他、計3つのバッドエンド(真犯人誤認・遭難・真犯人逃亡)が用意されている。

ボートレースや追跡ゲームなどのミニゲームも盛り込まれており、バッドエンドなどストーリー進行に関わる内容もある。

特にミニゲーム「ギャラクシガニ」は同社のゲーム『ギャラクシアン』(1979年)のセルフパロディである。

他にもBGMの一部や効果音などに、『ディグダグ』(1982年)、『ゼビウス』(1983年)、『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』(1986年)などの作品で用いられたフレーズが現れるといった、ナムコ作品のセルフパロディ的な要素が随所に見られる。

捜査の過程で、女の子の部屋を調べて下着を見つけたり、露店風呂で女の子を覗いたりするなどのお色気要素もある。

登場キャラクター

明石家さんま – 自称関西の名探偵。主人公と一緒に事件の捜査にあたる。

桂文珍 – 殺人事件の被害者。真面目という評判であった、吉本高行の秘密を知る人物。

今いくよ – 吉本高行にダイヤのことを聞いていた。

今くるよ – 吉本高行にダイヤのことを聞いていた。パーティーでもダイヤについて話していたが、途中から片目が霞むと話していた。エアロビに夢中になっている一方、たこ焼きが好物。

太平サブロー – 「近々大金が入る」と自ら噂を流した島田紳助を疑っている。

太平シロー – 西川のりおを慕っている。のりおといつも一緒でこそこそしており、パーティーでものりおと話をしていた。

オール阪神 – パーティーでは酔っぱらっていた。事件以降に起こった出来事がきっかけでスランプから脱出した。

オール巨人 – 文珍の遺体の第一発見者。事件以降に起きた出来事がきっかけでスランプから脱出し、見違えるような良い舞台をやるようになった。

島田紳助 – 骸骨のスーツを身に着けている。やたらソワソワしていて、ギャラの交渉で吉本高行に直談判するとして、長い間ホールにいなかった。多くの借金があったが、近々大金が入るという噂を自身で流している。

横山やすし – すみのえ競艇場でレーサーをしている。パーティーには参加していない。今回の事件やオール阪神・巨人がスランプから脱出した理由に関する奇妙な噂を知っている。

西川のりお – 太平シローといつも一緒でこそこそしており、パーティーでもシローと話をしていた。おかしなことをやっているという噂がある。

記事の引用元はここをクリック

さんまの名探偵(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【さんまの名探偵(最新無料動画はここをクリック)】