カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1988年7月22日

【発売元】 ビック東海

【価格】 5,300円

【メディア】 1.64メガビットロムカセット

【ジャンル】 アクションゲーム

【プロデューサー】 藤原明、曽我栄蔵

【SFXスーパーバイザー】 PETIT DEVIL SHOTARO(すずきしょうじ)

【メイン・プログラマー】 BIG HIT MACHIYA

【タイトル・プログラマー】 TOKIJIRO(河村知彦)

【マップ・アーティスト】 SANO YAN(佐野まゆみ)

【マップ・プランナー】 SUGI SAKU

【キャラクター・デザイナー】 PROFESSOR TOSHI(はせがわとしひさ)

【音楽】 蓮谷道治

【レスポンシビリティー】 BIGFOOT SHIJOH(四条いくお)

【ディレクター】 DARK SIDE TOSHI(はせがわとしひさ)

★フィギュアの売れ筋順ランキング(毎日更新!)★

★リアルタイムな人気ランキングを確認!★

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

概要 (説明はWikipediaより)

ビック東海が1988年7月22日に発売したファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。

当時の人気子役だったカケフくんが主人公。

主人公のカケフ君を操作する横スクロール形式。高速移動とジャンプを売りにしたアクションゲームで、難易度は非常に高く、『ゲームセンターCX』(2003年 – )にて挑戦した際に超難関ソフトとして名を馳せる『高橋名人の冒険島』(1986年)を超えると称された。

さらに、3時間以内に全ステージをクリアしないと、グッドエンディングが見られないという厳しい仕様となっている。

なお、マルチエンディング方式のため、クリア時間によりグッドエンディングでも内容は違う。

エンディングの1つには王様が「このゲーム難しすぎるから、この場面見ることはないのかいなーっ」と言い、大臣が「世間にはとんでもないようなガキ…いや、子供がたくさんいるからわかりません」と応える、というものがある。

記事の引用元はここをクリック

★『ねんどろいど』の最新商品!★

カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄(最新無料動画はここをクリック)】