不如帰(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1988年8月19日

【発売元】 アイレム

【メディア】 2.64メガビットロムカセット

【ジャンル】 シミュレーションゲーム

★フィギュアの売れ筋順ランキング(毎日更新!)★

★リアルタイムな人気ランキングを確認!★

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト アイレム 不如帰シミュレーションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確認済..

▲【ゆうメール2個まで200円】FC ファミコンソフト アイレム 不如帰シミュレーションゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確認済..
5,148 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!    &nbsp; &nbsp; &nbsp;   &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 不如帰 商品概要 - ジャンル シミュレーション 対応機種 ファミリーコンピュータ 商品状態 中古 箱・..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1988年8月にアイレムから発売されたファミリーコンピュータ用シミュレーションゲーム。

開発はタムテックス。

制作総指揮は岡野修身。

音楽とプログラミングを除くすべての工程を一人で手がけた。

日本の戦国時代を題材にしている。

ゲーム開始時に戦国大名の中から自分のプレイする武将を選び、能力値を割り振ってスタートする。

ボードゲームの要素があるゲームであり、このときの割り振りが、プレイ中の戦略に影響を与えるようになっている。

そのため、選択する武将によって難易度が変わり、攻略が容易な国や低い国力、兵力、武将の少ない国といった具合に、何度も楽しめる要素があった。

武力のみによる天下統一を目指すのではなく、官位制度の導入と、大名間の従属システムが導入されている。

また、人材としての武将の能力値は全てマスクデータになっている。

合戦のシステムもプレイヤーは大まかな指揮しかできず、戦場の全てを総大将が把握できるわけではない。

同時に兵力ではなく士気の崩壊が合戦の勝敗を決するシステムの採用もなされている。

隠し要素として川中島合戦イベントも導入されているが、発現させるには条件が存在し、発売後20年を経た2015年現在では、制作者ですら再現できない正に幻のイベントとなっている。

その他にも、在野武将の登用、家臣への俸禄加増、取得した領地への内政と一括徴税、各大名家それぞれに設定された兵質、といったシステムが採用されている。

家庭用ゲーム機における戦国SLGとしては最も早く武将制を取り入れた作品である。

記事の引用元はここをクリック

★『ねんどろいど』の最新商品!★

不如帰(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【不如帰(最新無料動画はここをクリック)】