激亀忍者伝(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年5月12日

【発売元】 コナミ

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”激亀忍者伝 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1989年にコナミからリリースされたアクションゲームで、記念すべきタートルズ初のゲーム化作品。

日本国内でもテレビ東京系列で放送されたアメリカのアニメ「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」を題材としている。

ゲームスタイルは、レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロの四人から一人選んで、名作『リンクの冒険』のような感じでトップビューのマップ画面を歩いて建物やマンホールを探し、入るとサイドビューの横スクロール画面を探索するというもの。

エリアは全部で6つ。

エリア内にいるボスを探し出して倒すと次のエリアに進める(エリア2のみ、爆弾を全て解除するとクリア)。

6というと標準的な長さに思えるが、探索要素のためクリアには時間がかかるので長く感じる。

ポーズしてメニューを開けばいつでもキャラクターを交代可能だが、四人の武器によって攻撃の仕方が違ったりとキャラクター性は立っている。

難易度が高いと言われているが、補助アイテム「気合い」を集めまくれば大幅に難易度を下げることが可能。

現在ならば、攻略サイトやプレイ動画なども見られるので、それらを活用すれば充分クリア可能である。

熟練したプレイヤーの場合、気を付けるのはステージ4の即死トラップくらいである。

記事の引用元はここをクリック

激亀忍者伝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【激亀忍者伝(最新無料動画はここをクリック)】