アイドル八犬伝(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年9月14日

【発売元】 トーワチキ

【価格】  6,000円

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

【プロデューサー】 ウルトラかんさい、KYOHEI SADA(禎清宏)

【原案・シナリオ】 アンドウ・オニギリ・ナオヒコ(安藤尚彦)

【シナリオ協力】 はたひこさま、もりわきこうへいか(森脇広平)

【プログラム】 うたげセットおおひら(大平浩)、キャプテンつぼはち、よゆうのよっちゃん(吉川聡)

【キャラクター・デザイン】 こんどうざえもんのすけゆたかまる(近藤ゆたか)

【音楽】 KYOHEI SADA、TOMOO PSG MISATO(里見朝生)

【作詞協力】 リバートップ/河崎実

[csshop service=”rakuten” keyword=”アイドル八犬伝 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ナツメが開発し、1989年9月14日にトーワチキから発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。

ジャンルはアドベンチャーゲーム。

アイドルを目指すことになった少女「西園寺エリカ」が、持ち前の歌唱力を武器に、仲間達と共にエリカをイロモノタレントに引き込もうと企む「暗黒イロモノ軍団」と戦うコメディ仕立てのコマンド選択型アドベンチャーゲーム。

全5章仕立てで、章ごとにパスワードによる再開が可能。

一部ゲームオーバーもあるが、直前の場面から何度でも復帰出来る。コマンドの数は場面に応じて絞り込まれるため、無駄なコマンドを何度も繰り返す必要はあまりない。

また、要所では仲間などからヒントが得られるため、ストーリー進行において行き詰ることはほとんどない。

システム周りも同社の『東方見文録』(1988年)のシステムが流用されており、洗練されていてプレイしやすい。

この手のゲームにありがちなコマンド総当たりやミニゲームと言ったプレイ時間を引き伸ばす仕掛けがなく、ストーリーが軽快に進む反面、当時のゲームとして見ても、クリアまでの時間は非常に少ないものになってしまっている。

これは、上述の東方見聞録のシステムを流用したことに加え、(当時としては)かなり大きいキャラグラフィックを使用した歌唱シーンを採り入れた事による容量不足が要因である。

またストーリーは一本道となっており、いわゆるバッドエンドは1パターンしか収録されていない。

これも、企画段階では複数あったパターンが容量不足で削られてしまったためである。

「アイドル歌手」を目指すサクセスストーリーであることを活かして劇中歌も度々登場し、時に謎解きのヒントにもなるという仕組みになっている。

ただしハードの性能上ボーカル入りではなく、内蔵音源によるBGMに合わせて字幕が表示されるのみである。

記事の引用元はここをクリック

アイドル八犬伝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アイドル八犬伝(最新無料動画はここをクリック)】