スプラッターハウス わんぱくグラフィティ(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年7月31日

【発売元】 ナムコ

【価格】 4,900円

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 アクションゲーム

【プランナー】 MAGUMA TAIJI(ながやまたいじ)、BISHIBASHI HARO

【プログラマー】 SILKY DEGUCHI(篠原伸之)、MYT JUSO

【キャラクター】 ONI TAIJI(ながやまたいじ)、JUNCHA、BAGUCHAN、HIDEBOU

【音楽】 ANNA PURUNA

【スペシャル・サンクス】 NOBOTAN、YAPPY、PRINCESS KI、KAZUU(みずのかずみ)

【プロデューサー】 JJ PAGE

[csshop service=”rakuten” keyword=”スプラッターハウス ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1989年7月31日にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)より発売されたファミリーコンピュータ用コンピュータゲームソフト。

「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第64弾。

本作はアーケードゲームとして発売された『スプラッターハウス』(1988年)をファミリーコンピュータ用としてアレンジした横スクロールアクションゲームである。

AC版の特色であった残酷描写がFC向けに抑えられ、キャラクターはコミカルにデフォルメされ、アクションも簡略化された。

物語も主人公・リックが恋人ジェニファーを救うという展開は同様だが悲劇的要素は皆無で、本作では数々の有名なホラー映画のワンシーンおよびモンスターをパロディ化した演出になっている。

AC版同様の横スクロール型のアクションゲーム。

AC版と異なって攻撃方法は斧と、道中の特定地点に落ちているアイテムのショットガンのみとなっている。

ライフ制が採用されており、ライフゲージがゼロになった時点でゲームオーバーとなる。

レベルアップの要素があり、敵を倒すと経験値(雑魚は1ポイント、ボスは10ポイント)が獲得でき、必要な経験値まで溜まるとライフゲージの上限が増える(同時にライフが1ポイント回復する)本作に即死する地形穴は存在しないが、一部ステージでは高所から落下するとエリアの前の地点に戻された上で、ペナルティとして溜めた経験値が半分に減らされてしまう。

ライフゲージは最大16ポイントまで上げることができる。

記事の引用元はここをクリック

スプラッターハウス わんぱくグラフィティ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スプラッターハウス わんぱくグラフィティ(最新無料動画はここをクリック)】