武田信玄2(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年8月21日

【発売元】 ホット・ビィ

【価格】 6,800円

【メディア】 2.64メガビットロムカセット

【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”武田信玄2 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

武田信玄を主人公とした歴史シミュレーションゲームの第二作目。

同名の大河ドラマに便乗したと思われる前作は、歴史シミュレーションゲームなのにパスワード(15文字)で中断するという前代未聞な仕様だった上に
そのパスワードが全くパラメーターを再現しなかった為に悪政の限りを尽くしてパスワードでなかったことにするという攻略が蔓延っていた。

さらには厳しすぎる初期パラメーターに加え、ランダムで敵に攻められて速攻でゲームオーバーになるような滅茶苦茶なゲームバランスであり、クソゲーとして名高かった。

大河ドラマも終わって久しい時期に便乗ゲームの続編という変わった立ち位置でうまれた本作は、前作と同様に武田信玄と共に全国統一を目指すのが目的となっている。

ゲームは1545年から始まり、プレイヤーは軍師の「山本勘助」に様々な指示を出しながら「甲斐の国」や「信濃の国」を治め、そして出兵によって領土を拡大していく。

主人公は武田信玄だが、志半ばで倒れる事もあり、その時は息子の武田勝頼が後継者となってゲームを続行する事が出来る。

全20ヵ国を統一する前に勝頼が寿命を迎えるか、あるいは支配するすべての国を失うとゲームオーバー。

クソゲーだった前作を劇的に改善する事に成功。

各要素もより作りこまれて完成度が高まった。

歴史シミュレーションゲームとしてみても領土経営に加えて戦争や同盟など要素は一通り揃っており、加えて適度にシンプルなので遊びやすい良質なシミュレーションといえるだろう。

今までに『星をみるひと』等のクソゲーばかり発売していたホット・ビィだったが、ここにきてなかなかの力作を生み出した。

しかし、やや運の要素が強い事と、物資の調達やレベル上げ等に見られるこのゲーム特有のクセを知らなければ難易度は高く、万人にお勧めというには今一歩足りない惜しい作品でもある。

また、クソゲーとしてある程度の知名度を持つ前作に比べると本作は知名度が低く、知る人ぞ知るマイナーな作品でもある。

記事の引用元はここをクリック

武田信玄2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【武田信玄2(最新無料動画はここをクリック)】