中華大仙(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年9月22日

【発売元】 タイトー

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 シューティングゲーム

【プランニング】 KUJIRA MAN、KOBUHEI JAPAN

【プログラム】 FUNKY GEORGE、SOUL DUKE

【グラフィック】 NEKOTO JR.

【サウンド】 PLANET2、SOUL DUKE

【プロデュース】 OJYAMAMUSHI

[csshop service=”rakuten” keyword=”中華大仙 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

タイトーから1988年7月に稼働されたアーケードゲームである。

ゲームジャンルはサイドビューの横スクロールシューティングゲームである。

8方向レバー、2ボタン(ショット、法術)で金斗雲に乗った仙人マイケル・チェンを操作し、敵を倒しながら修行の旅をする。

全5ステージ構成。

法術はメインショットの他に使うことができるサブウェポンである。

初期状態では法術を使うことができないが、各ラウンド中2体ないしは3体出現する中ボスを倒すとドアが出現し、そこに入ると法術を選ぶことができ、選択した法術を使えるようになる。

ファミリーコンピュータ版の開発はDISCOで販売はタイトー。

全6面+隠しステージがある。

記事の引用元はここをクリック

中華大仙(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【中華大仙(最新無料動画はここをクリック)】