悪魔の招待状(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年9月29日

【発売元】 ケムコ

【価格】 6,200円

【メディア】 2.64メガビットロムカセット

【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

【グラフィック】 すえだきみなり

【音楽、効果音】 増野宏之

【サウンド・プロデュース】 KENTO’S GROUP

[csshop service=”rakuten” keyword=”悪魔の招待状 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年にアメリカ合衆国のICOM Simulations社がパソコン用ソフトとして開発したアドベンチャーゲーム、ホラーゲーム。

日本では1989年9月29日にケムコ(コトブキシステム株式会社)からファミリーコンピュータ用ゲームソフトとして発売された。

『ディジャブ』(1988年)と『シャドウゲイト』(1989年)に続くケムコアドベンチャー・シリーズの第3作として発売された。

『シャドウゲイト』と同様に、コマンド選択で移動やアイテムの使用などを行う。

前々作、前作に引き続き主人公の死亡率は高い。

道具を自分自身に対して使用する「セルフ」のコマンドも同様に存在しており、斧などを「セルフ」で自分に使用すると斧で自分を突き刺して自殺したことになってしまい、その場合ゲームオーバーとなる。

斧を自分に使用した場合、前作までのような形ではなく、斧でふざけていたら誤って自分を刺してしまうという死に方をする。

記事の引用元はここをクリック

悪魔の招待状(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【悪魔の招待状(最新無料動画はここをクリック)】