落っことしパズル とんじゃん!?(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年9月29日

【発売元】 ジャレコ

【価格】 5,600円

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 パズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”落っことしパズル とんじゃん ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

NMKが開発しジャレコが発売した、ファミリーコンピュータ用の麻雀をモデルにしたパズルゲーム。

倉庫番風のパズルゲームで、荷物や壁が麻雀牌で出来ていること、倉庫番でいうゴール地点が穴になっており、複数の牌を画面上の穴に落とせるのが特徴的である。

プレイヤーは同社『ぶたさん』のキャラクターであるぶたさんを操作して、既定のイン数以内に画面上すべてのクリア牌を落とすとクリアとなる。

全部で99面、およびクリア後に裏面40面が用意されている。

ゲームは残機制で、すべて失うとゲームオーバーとなる。

ゲームオーバー時はコンティニューが可能だが、獲得していた得点は失われての再スタートとなる。

序盤と後半の一部の面を除いて、麻雀牌8枚でできたパスワードが表示され、パスワード入力画面で打つことによって同面から再開することができる。

この場合、得点や残機は引き継がれる。

なお、パスワード入力字に萬子を2つ使用するとその面をプレイができる。

例えば、98面をプレイしたい場合は左に九萬、右に八萬を入力する。

各面クリアのパスワード表示画面では様々な女の子のグラフィックが出現するほか、終盤の面ではプログラマーらしき男が挑戦をかけてくるなど、登場人物はそれなりに存在する。

ただし、特にストーリーのようなものは無い。

記事の引用元はここをクリック

落っことしパズル とんじゃん!?(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【落っことしパズル とんじゃん!?(最新無料動画はここをクリック)】