スクウェアのトム・ソーヤ(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年11月30日

【発売元】 スクウェア

【価格】 6,500円

【メディア】 2.64メガビットロムカセット

【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

【グラフィック】 みうらまさあき、星野雅紀、時田貴司

【プログラム】 安達景太郎、吉井清史、中村博史

【音楽】 植松伸夫

【協力】 田中弘道

【シナリオ】 小森豪人

【企画】 ほしののぶゆき、伊藤裕之

[csshop service=”rakuten” keyword=”スクウェアのトム・ソーヤ ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1989年11月30日に発売したファミリーコンピュータ向けのゲームソフト。

19世紀に活躍したアメリカの小説家、マーク・トウェインの『トム・ソーヤーの冒険』(1876年)をモチーフにしたロールプレイングゲームである。

トムやジムなど、登場人物や地名をそのまま原作から引用しており、『ハックルベリー・フィンの冒険』(1885年)でお馴染みのハックも登場する。

ゲーム画面において、制作はスクウェアの「Bチーム」と強調するように記載されている。

同社発売の『ファイナルファンタジーI』(1987年)ではオープニングスタッフロールでファイナルファンタジーIの製作が「Aチーム」であることが明示されているが、その後のシリーズでは明示されていないので本作製作当時の開発体制がAチームとBチームで分かれていたかどうかは定かではない。

また、スタッフには『ファイナルファンタジー』に携っている人物もいる。

タイトルに『スクウェアの~』とあるのは、同年2月6日にセタより同じファミコン用ソフトとして『トム・ソーヤーの冒険』が発売されていたためにこのタイトルとなった。

記事の引用元はここをクリック

スクウェアのトム・ソーヤ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スクウェアのトム・ソーヤ(最新無料動画はここをクリック)】