未来戦史ライオス(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年12月1日

【発売元】 パック・イン・ビデオ

【価格】 6,300円

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”未来戦史ライオス ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『機動戦士ガンダム』に代表されるリアルロボットアニメの様な、巨大ロボットによる戦争を描いたウォーシミュレーションゲーム。

「ライオス」という惑星を舞台に、バトルアーマーと呼ばれるロボットの軍隊を率いて解放戦争を行う。

まずワールドマップを移動し、戦闘するエリアを選ぶ。

勝利するとそのエリアは解放された事になり色が変わり、新たなエリアに進める様になる。

最初から様々な装備が揃っており、編成の自由度がかなり高い。

戦闘開始前にマップが表示され、それに合わせて自分なりの作戦を立ててプレイするのが楽しい。

待ち時間が長いなどの問題はあるものの、編成や戦略の自由度の高さ、戦闘時の演出のかっこよさなど良い点も多く、マイナーゲーながらプレイヤーからの評価は割と高い。

ロボットのカスタマイズは当時としては比較的斬新な要素であり、着眼点は良い。

もう少しテンポやバランスを良くすれば良作にもなり得た惜しい作品である。

記事の引用元はここをクリック

未来戦史ライオス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【未来戦史ライオス(最新無料動画はここをクリック)】