おそ松くん バック・トゥ・ザ・ミーの出っ歯の巻(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年12月8日

【発売元】 バンダイ

【価格】  5,800円

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”おそ松くん ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年~1989年に渡り放映していたフジテレビ系アニメ『おそ松くん』を基にしたアドベンチャーゲーム。

プレイヤーは主人公のおそ松くん本人になり、掛け軸に描かれていたイヤミのご先祖様をもとにデカパン博士が発明したタイムマシンで時を駆け巡りながら、出っ歯の秘密を暴いていくという内容。

しかし秘密を探っていくうちに、イヤミの出っ歯に徐々に変化が…。

基本となる情報画面は1987年に発売した『さんまの名探偵』と同じコマンドシステムを採用している。

タイムマシンを使うことにより現代、江戸時代、原始時代と3つの時代を行き来する。

89年末の作品だけあってグラフィックはファミコンとしてはとても綺麗で、オープニングはまるでアニメ意識したかの様な演出で本当にアニメ見ているかのような気分にさせてくれる。

また、各キャラの表情も豊かで喜怒哀楽がはっきりとわかる芸の細かさ。

現代や江戸時代、原始時代の設定が存在しながらもキャラクターの台詞の言い回しや立ち位置、シナリオが上手く練りこまれており、ファミコンでありながらグラフィックやサウンドの表現力も高水準。

おそ松くんの世界観を壊すことなく上手く表現された作品と言ってもいい。

記事の引用元はここをクリック

おそ松くん バック・トゥ・ザ・ミーの出っ歯の巻(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【おそ松くん バック・トゥ・ザ・ミーの出っ歯の巻(最新無料動画はここをクリック)】