ファミコン野球盤(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年12月15日

【発売元】 エポック社

【メディア】 2.64メガビットロムカセット

【ジャンル】 スポーツゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ファミコン野球盤” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

エポック社が日本で1989年12月15日に発売したファミリーコンピュータ用野球ゲームソフト。

1984年から1987年まで自社製ハード・スーパーカセットビジョンを展開していたエポック社が同ハードの撤退後、路線変更して任天堂のサードパーティーとなり発売したファミコンソフトの第1弾。

エポック社が1958年に発売して以来ロングセラー商品となっている玩具・野球盤の名前を冠しているが、商標以外にゲームシステム等の共通点は存在しない。

ゲーム中、タイトル画面を始め随所に大魔神を模した鎧を着た指導者・野球魔神が登場している。

メインのペナントモードでは12チームから任意の6チームを選んでリーグを編成し、30/60/130試合のペナントレースで優勝を目指す。

選手は試合を重ねて行くごとに能力が成長し、また試合後に得られる収益で特訓を行ったり、様々なアイテムを購入して装備させることでパワーアップが可能である。

ペナントレース優勝後、開始時に選択しなかった6チームの中からランダムで選ばれる1チームと日本シリーズを争い、4勝すればエンディングとなる。

D:ダイナマイツ(中日ドラゴンズ)

G:ギャングス(読売ジャイアンツ)

C:カウズ(広島東洋カープ)

W:レスラーズ(横浜大洋ホエールズ)

S:セーラーズ(ヤクルトスワローズ)

T:ツタンカーメンズ(阪神タイガース)

L:ロブスターズ(西武ライオンズ)

Bu:ブルドッグス(近鉄バファローズ)

F:フランケンズ(日本ハムファイターズ)

B:バニーズ(オリックス・ブレーブス)

H:ホームズ(福岡ダイエーホークス)

O:オスモーズ(ロッテオリオンズ)

記事の引用元はここをクリック

ファミコン野球盤(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ファミコン野球盤(最新無料動画はここをクリック)】