わんぱくダック夢冒険(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1990年1月26日

【発売元】 カプコン

【価格】 6,090円

【メディア】 1.64メガビットロムカセット

【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”わんぱくダック夢冒険 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

元はディズニーアニメ、ダックテイル。

タイトルはその国で放送されたアニメタイトルにあわせている為、北米版のタイトルは原題の『Ducktales』。

主人公は世界一の大金持ちスクルージ・マクダック。

ドナルドダックの伯父であり、世界一の金持ちだが金が大好きなので、更なる金を求めて世界を駆け回る。

ドナルドの甥のヒューイ・デューイ・ルーイの三つ子も登場する。

探索型のサイドビューのアクションゲーム。

各所にある宝を出来る限り集めるのが目的。

各ステージは迷路構造になっている。

そこには多くの宝が隠されている上、さらに隠し通路もある。

一方で、そう複雑な仕掛けになってはおらず、子供でもなんとか見つけられる程度。

やりこみ要素は豊富。

覚えれば、とにかくクリアは可能。

いい意味での「覚えゲー」の典型。

熟練するとノーミス数十分でクリアできる。

FC時代のアクションゲームながら、意外な事にマルチエンドが採用されている。

操作に慣れるまでは苦労するが、慣れてしまえば非常にプレイしやすい。

キャラクターゲームだが、キャラクターに依存せずしっかりと作られたアクションゲーム。

記事の引用元はここをクリック

わんぱくダック夢冒険(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【わんぱくダック夢冒険(最新無料動画はここをクリック)】