SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1991年10月12日
【発売元】 バンダイ
【価格】 8,200円
【メディア】 4メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム
【企画立案】 伴内弁太
【プロデューサー】 鈴木敏弘
【ディレクター】 荻野目洋
【コーディネーター】 ミスターはや
【デザイナー】 島田晋作、高橋雅行、じうょしまじた、かいけつ.くろんだー
【プログラマー】 ひびき1ごう、ストークまつした
【音楽】 サル・はやし、さかきばら

[csshop service=”rakuten” keyword=”SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2″ sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

玩具「カードダス」を中心に展開していたシリーズ『SDガンダム外伝(騎士ガンダム)』のTVゲーム化作品。

カードダスの第3・4弾を原作としている。

前作がドラクエシリーズを露骨に真似たシステムだったのに対し、本作はドラクエとFFをミックスしたかのような仕様になっている。

当時は「バンダイのキャラゲーと言えばクソゲー」という時代であったが、この『騎士ガンダム』のゲームシリーズは独自の工夫が凝らされており、同社のキャラゲーとしては比較的評価が高かった。

全6章立てで、元のカードのストーリーをゲーム向けに上手く膨らませている。

システム面で若干粗が目立つのは事実であり、一部(気づきにくいとはいえ)バランスを崩すようなアイテムや技が存在するのも確か。

しかし、それを補ってあまりあるストーリーのおもしろさとテンポの良さで同シリーズ屈指の魅力作であることもまた事実である。

遊びやすさを追求したシステム、アニメーションの質の高さもその魅力を高めている要因である。

記事の引用元はここをクリック

SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士(最新無料動画はここをクリック)】