ランパート(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1991年11月29日
【発売元】 コナミ
【価格】 5,800円
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ランパート ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

移植元であるAC版は前年にアタリとその子会社・テンゲンが稼動させたゲーム。

日本でもナムコが権利を獲得して稼動されていた。

AC版からして良作だが北米版は何故かトラックボール式で(日本ではレバーに変更)操作が難しい。また対戦で負けた相手をギロチンで処刑するデモという洋ゲーにありがちな残虐要素があった。

そのゲームを日本では黄金時代のコナミがファミコンに移植し、全く別のゲームという程の変化を加えた。

射撃パート、修復パートを交互に進めていき、ノルマを稼げばクリアするゲームである。

両方とも制限時間有り。

マップが全て陸となったため、敵の行動範囲が広がった。

海によって縮小されていたり川が陸地を隔てているマップもあるが、水上には敵はおらず全て陸上から攻撃をしてくる。

そのため大型の敵が直接突進してきて城壁を削り取ることもある。

修復パートで囲い込んで倒すことも可能。

勿論その上にブロックは置かせてもらえない。

その大型の敵も種類が豊富になった。

AC版は中~前近代のような時代背景で単調だったが、本作では世界観のバリエーションが増えた。

状況に応じて、得点稼ぎ、敵の成敗は勿論、特定の地点を囲む、籠城戦など、勝利条件も違って来る。

ボリュームがあるのでパスワードも用意されており好きなステージから再開出来る。

記事の引用元はここをクリック

ランパート(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ランパート(最新無料動画はここをクリック)】