ターミネーター2(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1992年6月26日
【発売元】 パック・イン・ビデオ
【価格】 6,500円
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ターミネーター2 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画『ターミネーター2』をゲーム化したACT。

全5面構成。

本作のBGMはソルスティスのBGMを作曲したTim Follinの兄、Geoff Follinが手がけている。

自機はターミネーター(T-800)で、耐久力+残機制。耐久力が0になる等でミスするとノイズと共に「TERMINATED」と画面が切り替わり、自機を1機失う。

行動は移動とジャンプ、攻撃は打撃と銃がある。

ただし、銃の弾数は有限、弾が切れると素手の攻撃のみとなる。

2面が強制スクロールのバイクアクションとなっていたり、4面がお使いゲームになっていたりと、敵を倒すだけのアクションゲームではない。

ラストの有名なT-800が親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンもバッチリ再現してある。

オリジナルでの驚異の戦闘能力のT-800が、銃器はおろか素手の攻撃ですらダメージを受け破壊されてしまうのに、唖然とするプレイヤーも少なくないだろう。

さらに、その落胆を突き落すいやらしいほどの高難易度。

当時のハリウッド映画原作ゲームは企画先行で中身は伴わなかったりしたものだが、その中でもあまりオススメしかねるタイトル。

さすがは死の虹、LJNのゲームではある。

記事の引用元はここをクリック

ターミネーター2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ターミネーター2(最新無料動画はここをクリック)】