ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1992年8月7日
【発売元】 バンダイ
【価格】  7,800円
【メディア】 4メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドラゴンボールZIII ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

人気アニメ『ドラゴンボールZ』のゲーム第3作(SFCソフトを含めると第4作)。

戦闘システムがグッと親切になった。

戦闘アニメのスピードが格段に上がり、前作までの最大の問題点だった戦闘のタルさがかなり解消された。

効果音もバシバシ入り、アニメのスピーディなバトルを再現できている。

必殺技が出しやすくなった。

本作は1人につき流派が複数用意されている事が多く、弱い必殺技程度ならバシバシ使っていける。

各自の最強必殺技の際、専用のカットインが入り、これもクオリティが高い。

まだ粗削りなものの、システムの大きな変更で前作までの不満点・ストレスはかなり消化できていた。

それ故にあまりに中途半端&チグハグすぎるストーリー展開は惜しい。

本作の後にオリジナルストーリー『サイヤ人絶滅計画』が発売されるが、それを持ってDBのカードバトルRPGは終焉を迎える。

記事の引用元はここをクリック

ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間(最新無料動画はここをクリック)】