1999 ほれ、みたことか!世紀末(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1992年9月18日
【発売元】 ココナッツジャパン
【価格】 7,300円
【メディア】 3メガビットロムカセット
【ジャンル】 ボードゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”1999 ほれ、みたことか 世紀末” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ココナッツジャパンエンターテイメントが『爆笑!愛の劇場』に続いて発売したボードゲーム。

おそらく同じ開発チームの作品と思われる。

四人のプレイヤーが双六形式でマップを進み、「宇宙パワー」を集めていく。

最終的に最も多くのパワーを集めたものが勝利。

双六といってもゴールに辿り着けば終わりではない。

マップは一種類のみで、一人がゴールすると全員がまたスタート地点に戻って周回をする(トップになると宇宙パワーが少し増える)。

ゲームはこれの繰り返し。

最初は無難なゲーム中のマスも、周回が進む毎にどんどんマイナス傾向のものが多くなっていく。

殆どが運ゲーでありボードゲームとしては駆け引きや盛り上がりに欠ける。

テンポはそこそこ早いので苛つきはしないが、ゲーム性はあまり高くない。

前作同様に多人数でプレイしてバカイベントを笑いとばせれば、それなりに盛り上がれるゲームである。

記事の引用元はここをクリック

1999 ほれ、みたことか!世紀末(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【1999 ほれ、みたことか!世紀末(最新無料動画はここをクリック)】