ダブルムーン伝説(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1992年10月30日
【発売元】 メサイヤ
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム
【プロデューサー】 土田俊郎
【ディレクター】 E.Kanai
【デザイナー】 大貫昌幸
【プログラマー】 T.Hino
【美術】 草彅琢仁

[csshop service=”rakuten” keyword=”ダブルムーン伝説” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1992年10月30日に日本コンピュータシステム(メサイヤ)からファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された。

ジャンルはロールプレイングゲーム。

主人公はゲームオリジナルの人物で、魔人サモイレンコに双子の妹サーシャをさらわれた青年「ユウル」となる。

主人公のクラス(職業)は肉弾戦に特化した「戦士」、回復魔法を使える「聖戦士」、攻撃魔法を得意とする「魔法戦士」の3種類から選ぶ。

各地を旅して原作の登場人物を仲間に加え、五凶星とサモイレンコを倒すのがゲームの目的である。

戦士以外の攻撃では敵にほとんどダメージを与えられず、逆に防御力の高い敵相手に魔法使いなしで挑むと苦戦するなど、クラスによる役割分担が明確である。

仲間キャラクターは数多く登場するのでさまざまなパーティーを組むことができるが、クラス能力のバランスを配慮することが重要である。

また、各クラスにはそれぞれ特殊行動が設定されており、「まもる」コマンドを使用するとランダムで発動する。

独自のシステムとして、戦闘時には敵の弱点を狙うことができる。

命中箇所が頭部なら脳震盪を引き起こしたり、手であれば攻撃方法を封じる可能性がある。

記事の引用元はここをクリック

ダブルムーン伝説(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ダブルムーン伝説(最新無料動画はここをクリック)】