キョロちゃんランド(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1992年12月11日
【発売元】 ヒロ
【価格】 5,800円
【メディア】 1メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”キョロちゃんランド ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

本作は、森永製菓の人気菓子である「森永チョコボール」のマスコットキャラである「キョロちゃん」を題材にしたゲーム(のはず)。

パッケージイラストもチョコボールの外箱を模したものとなっている。

「キョロちゃんランドにある日突然正体不明の塔が現れ、平和を取り戻すべくキョロちゃんが塔に登っていく」という設定のアクションゲーム。

全8面。

塔の周りに張り出している通路をエレベーターなどを使って進みつつ、制限時間内に特定の扉に入ればクリア。

コンティニューは2回まで可能で、パスワードコンティニューもある。

キョロちゃんの操作性は悪く、動きはガクガクしている。

可愛らしいパッケージを見て買った子どもがいたら、トラウマになるかもしれない問題作。

このような作品を売り出すためだけに利用されたキョロちゃんはご愁傷さまである。

記事の引用元はここをクリック

キョロちゃんランド(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【キョロちゃんランド(最新無料動画はここをクリック)】