テトリスフラッシュ(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1993年9月21日
【発売元】 任天堂
【メディア】 2メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションパズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”テトリスフラッシュ ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『テトリス』を元に改変を加えたコンピュータゲームソフトである。

落ち物パズルの一種。

日本では1993年9月21日に任天堂よりファミリーコンピュータ版が発売された。

ブロックピースの形状や操作方法、ゲームフィールドの概念とゲームオーバーの条件はテトリスを継承しているが、ブロックの消去方法を中心にルールは大きく異なる。

ブロックはその種類を問わず、同じ色を縦か横に3個以上並べると消える。

テトリスのように横の行を隙間無くブロックで埋めただけでは消えない。

フラッシュブロックを消すと、フィールド内に存在するそれと同じ色の固定ブロックはすべて消える。

ただし移動ブロックは消えない。

全てのフラッシュブロックを消すとステージクリア。

同じ色のブロックを6個以上並べて消した場合には、フィールド内に存在するそれと同じ色の移動ブロックはすべて消える。

フラッシュブロックと固定ブロックは消えない。

ブロックが消えた際、その上に乗っていた移動ブロックが落下し、再度同じ色のブロックが3個以上並んで消えると連鎖となる。

ゲーム中のグラフィックは動物の姿を刻んだ石版、幾何学模様や記号の描かれた壁、仮面、ナスカの地上絵など古代文明をモチーフとしている。

ゲームモードは1人用との対戦の2つ。

1人用ゲームでは10ステージごとに不思議な玉と人間の掛け合いを描いたデモシーンを観賞できる。

記事の引用元はここをクリック

テトリスフラッシュ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【テトリスフラッシュ(最新無料動画はここをクリック)】